海外インターネットビジネス動向


News Volume 91 2002年12月3日

見込み客の囲い込みや既存顧客の再購買促進に役立っていたメールのプロモーションに変化が出てきました。効果の半減も起こり始め、早急に対策を考える時期が訪れています。そのため、今回は皆さんの参考用に国内外のメール・プロモーションの現状について解説をいたします。

*    *    *    *    *

■ メール・プロモーション考察

米ダブルクリック社では、メールを活用したプロモーションに関してさまざまなデータの提供を行なっています。


* ダブルクリック社のメールに関するデータについてのプレスリリース
http://www.doubleclick.com/us/corporate/presskit/press-releases.asp?asp_object_1=&press%5Frelease%5Fid=2618


同調査によると、配信したメールが読者に届かない比率である不達率が、2001年の第三四半期の7.7%から2002年の第三四半期の12.6%に上昇したと報じています。

前回のニュースレター「エクスペリエンスの向上:既存顧客と仲良くなろう!」の参考記事としてご紹介した、Japan.Internet.comの「購読中のメルマガ、目を通すのは半分以下というユーザーが59%」というデータとあわせて考えると、不達率が上がり、ユーザーの閲読率も下がるということになり、メールマガジンの配信で売上増を狙おうという多くの企業サイトにとっては逆風の状況になっています。

ダブルクリック社の同調査では、さらに配信数から購買に至るまでの参考データも提供しています。小売&通販カテゴリーでは、消費者に1000通の配信をして不達になるのが118通(不達率11.8%)。消費者に届いたメール882通の内、メールで紹介しているURLがクリックされるのは68回(クリック率7.7%)。最終的に購入に至るのは約3人(4.3%のコンバージョンレート)というのが平均的な成績です。

もちろんこのデータは、メールアドレスの収集方法、メールアドレス情報の新しさ、そして扱う商品・サービスによっても異なってくるはずですが、皆さんの会社の現状と比較するといかがでしょうか。このような機会に、一般的な調査結果との比較をしてみるのも大切なことです。

さらに、最近注目されているHTML版メールとテキスト版メールとの比較データもあります。テキスト版メールの平均的なURLのクリック率は7%。それに比較して、HTML版メールでは10%。すべての業界カテゴリーにおいて、1.2倍から1.7倍のクリック率増となっています。

このデータが示すように、説得力がアップするHTML版のメールでは、レスポンスが上がるため、国内でも採用する企業が増加しています。すでに、HTMLメールの動向を調査したバガボンド社のデータもあり、興味深いものになっています。それぞれ計5ページ分の図表と解説が、同社が運営するBizMarketingのサイトで公開されています。


* HTMLメールに関するユーザー意識・利用動向調査
http://www.bizmarketing.ne.jp/nbr/020403198.shtml

意外に多くのネットユーザーがHTML版のメールマガジンの読者になっていることが判明しました。調査をしたユーザーの44.3%が、すでにHTML版のメールマガジンを読んでいることになります。HTMLメールを利用する、利用しないそれぞれの理由も挙げられ、興味深いデータとなっています。


* HTMLメール・トータル・ハンドブック 2002年度版
http://www.bizmarketing.ne.jp/nbr/020612256.shtml

まだHTMLメールを利用していない企業の方にとっては、ユーザーの印象がまだまだ悪いのではないかと、HTML版のメールマガジンの発行を躊躇してしまう気持ちもよく分かります。しかし、このハンドブックに成功事例として紹介されているHMVジャパンのケースでも分かるように、テキストだけでは表現しきれない「商品特性の理解度」や「ブランドの認知度」をアップさせる上では、確かに効果が高くなっています。


■むすび
このようにメリットも多いHTML版のメールですが、一考を要する点もあります。テキスト版とは異なり、社内にデザイナーがいなければ外注に頼る必要があるため、コストと制作日数の増加というデメリットが生まれてしまいます。

ネットビジネス改善のためにHTML版のメールマガジンを利用する場合、どのような方法であれば、コストパフォーマンスがよく、最終的な利益増にもなるのかという事前のプランニングをしっかりと行なうことにより、ただデメリットばかりに目を向けるのではなく、どう上手く使いこなすべきかを考えることが正解なのでしょう。


■ 無料レポート進呈中
今までの100倍インターネットで儲ける方法−口コミ宣伝編−

前回のニュースレターで、株式会社イー・エム・ズィーとお仕事をご一緒に進めることになり、その記念としてご紹介していただいた上記のレポートですが、読者の皆さんからのお申し込みも多く、なんと今までに合計で1200社もの方に読んでいただいているそうです。

確かに、長くネットビジネスのコンサルティングを行なっている筆者の目から見ても、役立つノウハウがいろいろと盛り込まれています。まだご覧になっていない方は、ぜひ一度お読みになってみてはどうでしょうか。特に、集客とリピート率について悩まれている方の参考になります。期間限定だそうなので、この機会にどうぞ。

ご希望の方は今すぐ下記URLにアクセスしてお申し込みください。
↓ ↓ ↓
http://www.axl8.com/muryoreport.asp

■また、この無料レポートを読み、その感想をメールすると、更にレポート「年商8億円!私はこうしてネットで成功した」の贈呈もあるそうです。前回のメールマガジンでお申し込みくださった方も、この機会を利用してみてはいかがでしょうか。


AIMでも無料レポート進呈中!
■ 無料レポート:法人オンラインショップの方からお申込多数 ■
「ネットビジネスの成功を保証するMBA的発想法」はこちら


メールマガジンの読者登録について

単行本化されベストセラーになり、まぐまぐの殿堂入りも果たしたメールマガジン。海外のインターネット・マーケティングのノウハウをこっそり伝授!なぜ今がチャンスなのか。アクセス向上&売上増の秘策満載。

「Pubzine」「めろんぱん」「Macky!」「melma!」からも配信中。登録はこちらをクリック!

まぐまぐ」をご希望の方は以下に直接お書きください:かかさず読める メールでポン!
Mag2 Logo
電子メールアドレス(半角):
電子メールアドレス(半角):


結果がともなうネットビジネス・コンサルティング 「AIMコンサルタンシー」

| サービス案内 | お問合せ | 掲示板「改善道場」 | 適性診断 | タブー集 | デザイン入門 |
| 基本戦略 | ゲストブック | リンク集 | 更新履歴 | プロフィール | ホーム |

 


1997-2010 (C) Advanced Internet Marketing (AIM)Consultancy
All Rights Reserved.
このホームページの内容の無断転用、掲載はご遠慮ください。