海外インターネットビジネス動向


News Volume 52 99年7月14日

オンラインでも口コミ効果

米国オピニオン・リサーチ社が今年5月に発表した調査結果によると、オンラインショッピングの経験者は、その体験について平均約12名の人々に話をしていました。この中には、家族はもちろん友人・親戚・職場の同僚などが含まれ、回答者の行動範囲内の多くの人が対象となっていました。

この調査では、比較のため、見た映画や食事をした店について平均何人に話をしているかも調べています。結果は順に約9名、約6名で、オンラインに想像以上の口コミ効果があることが示唆されています。

インターネットという新しい媒体を活用したショピングは、まだまだ新しい経験であるため、それだけ人々の話題に上ることも多いのです。「思わず人に話したくなる」オンライン体験を提供し、口コミを味方につけることができれば、かなりの宣伝効果を期待することができます。

今回のニュースレターでは、口コミを促すためのポイントについて、最近注目されているサイトを事例に考察してみましょう。


●今回紹介する「口コミ効果」の事例

CDNOW:
http://www.cdnow.com/

(CD・ビデオ販売の有力サイト)

1.  話題性

マスコミを賑わすニュースや話題は、真っ先に人々の口に上ります。このCDNOWも、競合サイトであるMusic Boulevardと提携したことで、業界の内外で話題となり注目されました。この提携は、オンラインで書籍販売を行う超有名サイトのAmazon.comがCDの販売を始めたことに対抗する動きであったために、とりわけ高い関心を集めたのです。

CDNOWはその後も、新しい技術を積極的に導入するなど、多くのニュース媒体で取り上げられる話題作りを行っています。つい最近も、アトランティック・レコード所属アーチストの曲をダウンロードできるコーナーを開設し話題となりました。このサービスには、マイクロソフトが開発したメディアプレイヤー(Media Player)を使用しています。MP3に比べて、音質を落とすことなくダウンロード時間を短縮できるとして注目されている技術です。


2.  便利さ

便利に商品を購入できる体験をすると、その感動を周囲の人にも伝えたくなります。このサイトでも、さまざまな工夫を施し、スムーズにCDを購入することができる仕組みを作り上げています。

まずは、検索機能です。音楽関連サイトらしく、ロック・ジャズなどのジャンル別カテゴリーを用意しているのはもちろん、アーチスト名・アルバムタイトル等の区分からも検索できる機能を完備し、多数のCD・ビデオの中から希望の商品を容易に探せるように工夫しています。

さらに「My CDNOW」というコーナーを設け、各ユーザーの好きな分野の情報だけを集めたオリジナルサイトを作れるようになっています。このコーナーでは、ひいきのアーチストがリリースする新譜の情報をタイムリーに紹介するほか、同じようなジャンルのCDを推薦する機能なども設け、個別ユーザーのニーズに合わせた環境作りを行っています。


3.  豊富な品揃え

「きのう○○のCDを買いに行ったんだけど、在庫がなくて手に入らなかったんだ」――こんな話を耳にした時、CDNOWを利用している人ならさっそく「CDNOWで注文すれば?」とアドバイスしたくなるはずです。一般の店舗販売と違い、限られたスペースに商品を陳列する必要がないオンラインショップでは、一度データベースを構築してしまえば、比較的簡単に商品の追加が可能となり、物流センターで一元的に商品管理を行えるために、多くの商品を扱うことができるのです。

充実した品揃えで、「あそこなら必ずある」という信頼感を確立すれば、高い口コミ効果が期待できます。


4.  エンターテイメント性

たとえ商品販売がメインのサイトでも、商品情報だけではあまり面白みがありません。商品に関連づけて、ユーザーにプラスアルファの娯楽や話題を提供すれば、知人に話してもらうきっかけにもなります。

たとえば、CDを購入するインターネットユーザーは、アーチストにまつわるさまざまな話題に関心があるはずです。CDNOWでは、「AllStar News」というコーナーを設け、人気歌手をめぐるセクハラ訴訟といった芸能ネタから最新のコンサート情報まで、多くの情報を頻繁にアップデートして掲載しています。このようなコーナーがあると、「CDNOWで仕入れた情報なんだけど、歌手の○○がこんなことをしたんだって」というように紹介され、口コミ効果を生みだすことができるのです。


皆さんも、普段なにげなく話題にするサイトについて、改めてじっくり考えてみてください。なぜ、そのサイトについて話したくなったのでしょうか?その理由は、今回ご紹介したポイント以外にもあるかもしれません。「思わず人に話したくなるサイト」の魅力がどこにあるのかを分析してみることで、自社サイトへの応用の方向性も浮かび上がってくるはずです。




■ 無料レポート:法人オンラインショップの方からお申込多数 ■
「ネットビジネスの成功を保証するMBA的発想法」はこちら


メールマガジンの読者登録について

単行本化されベストセラーになり、まぐまぐの殿堂入りも果たしたメールマガジン。海外のインターネット・マーケティングのノウハウをこっそり伝授!なぜ今がチャンスなのか。アクセス向上&売上増の秘策満載。

「Pubzine」「めろんぱん」「Macky!」「melma!」からも配信中。登録はこちらをクリック!

まぐまぐ」をご希望の方は以下に直接お書きください:かかさず読める メールでポン!
Mag2 Logo
電子メールアドレス(半角):
電子メールアドレス(半角):


結果がともなうネットビジネス・コンサルティング 「AIMコンサルタンシー」

| サービス案内 | お問合せ | 掲示板「改善道場」 | 適性診断 | タブー集 | デザイン入門 |
| 基本戦略 | ゲストブック | リンク集 | 更新履歴 | プロフィール | ホーム |

 


1997-2010 (C) Advanced Internet Marketing (AIM)Consultancy
All Rights Reserved.
このホームページの内容の無断転用、掲載はご遠慮ください。