HOME


サーチテク
 国内編



サーチテク
 海外編



マスターの
 ブラウズ日記



情報交換
 掲示板



今月のテク
 &サイト



検索の友



どんな人
 調査



入門サイト
 リンク集



投稿フォーム



広告募集



それでは、これから一般的なサーチエンジンでの「キーワード選択」について、解説したいと思います。各サーチエンジンによって、検索で使用できる「検索ツール(演算子のand, or, * etc)」に違いがありますが、ここでは、より多くのサーチエンジンで採用されているツールに関して考察します。


1. キーワードの選択

もちろん「キーワード」とは、単語単位の言葉のことですが、英語サイトのサーチエンジンの検索時に特に注意することは、英語は単語毎に必ず分けられてしまい、通常ですと「」という単位として認識されません。たとえば日本語の場合、「世界銀行」と入力すれば、それを「句」として認識し検索してくれますが、英語の場合には、「World Bank」となり、このままですと、2語の単語として検索されてしまいます。そのため、それらの単語を「句」として認識させるために、引用符でそれらの語を囲む必要があります。
例) "World Bank"

2. 「and」と「or」の使用

この「and」もしくは「or」を使用すると、いくつかの単語の組み合わせをキーワードとして、検索することができます。

例1) ホームページを作成するのに役立つフリーウェアを探す場合。
    ホームページ作成 and フリーウェア

例2) フリーウェアもしくはシェアウェアを探す場合。
    フリーウェア or シェアウェア

例3) ホームページを作成するのに役立つフリーウェアもしくはシェアウェアを探す場合。 (例1と例2のコンビネーション)
    ホームページ作成 and (フリーウェア or シェアウェア)

 and、or、括弧は半角を使用してください。


それでは、次にちょっとした「検索テクニック」を紹介しましょう。


[GO BACK] [HOME] [GO NEXT]


お得サイト

1. 美味しくて安いコーヒーを今まで知らずに損してませんか?
   ここに本当に美味しいコーヒーの秘密がある!

2. 無料レポート「ネットビジネスの成功を保証するMBA的発想法」:
   効率的に儲けるための成功法則でした。こちらをクリック!


(C) 1998 Advanced Internet Marketing (AIM) Consultancy
All Rights Reserved.

このホームページの内容の無断転用、掲載はご遠慮ください。