HOME


サーチテク
 国内編



サーチテク
 海外編



マスターの
 ブラウズ日記



情報交換
 掲示板



今月のテク
 &サイト



検索の友



どんな人
 調査



入門サイト
 リンク集



投稿フォーム



広告募集



◆ サーチテク基本編:目次

このサイトでご紹介している他サイトを訪れるときには、検索テクニック#2もしくは#7を試してみてください。そしてこのサイトをスミズミまで読み、改めて関心がある他サイトを訪れてください。(^_^)


皆さんが検索をしたいときには、それなりの目的があると思います。その目的によって検索の仕方も当然違ってくるはずです。それでは、その目的は、どのように分類することが出来るでしょうか?


1. 具体的に、かなり絞り込んだ内容に関して知りたいことがある場合。
2. 一般的なカテゴリーのキーワードになるような話題について知りたい場合。
3. ただ漠然と趣味等に関連するサイトを見つけるためにブラウズする場合。


それでは、それぞれの目的にあわせたアプローチを考えてみましょう。

1. 絞り込みリサーチへのアプローチ

◆ 情報量を誇るロボット系サーチエンジンの使用

知りたい情報に対してかなりの知識があり、数種類のキーワードの組み合わせがすぐに頭に浮かぶ場合には、サーチロボットといわれるホームページ巡回システムを使用して、毎日ホームページを自動登録しているサーチエンジンを利用しましょう。
例) Infoseek AltaVista

2. カテゴリー・サーチへのアプローチ

◆ ディレクトリー型のサーチエンジンの使用

一般的なある話題について知りたい場合、キーワードの絞り込みができない場合が多いと思います。その時には、ディレクトリーによってカテゴリー分類を行っているサーチエンジンで一つのキーワードを入力して、その関連するカテゴリーを見つけるか、もしくは関連するディレクトリーの項目をクリックして、より絞り込んだ下層のカテゴリーのリストから該当するホームページを探して下さい。
例) Yahoo!

3. 漠然としたブラウズ

◆ サーチエンジンの新着情報のチェック

ご自身の関心がある趣味等の話題について、漠然とサイトを探したい場合には、カテゴリー分類をしてあるサーチエンジンの新着情報をチェックすることにより、視野が広がったホームページ検索が可能になります。
例) NTT DIRECTORY 新着情報


それでは、検索を行う場合のアプローチの仕方が分かった次の段階として、一般的なキーワードの選択の仕方について、次のページで紹介したいと思います。

[GO TO NEXT PAGE]



お得サイト

1. 美味しくて安いコーヒーを今まで知らずに損してませんか?
   ここに本当に美味しいコーヒーの秘密がある!

2. 無料レポート「ネットビジネスの成功を保証するMBA的発想法」:
   効率的に儲けるための成功法則でした。こちらをクリック!


(C) 2002 Advanced Internet Marketing (AIM) Consultancy
All Rights Reserved.

このホームページの内容の無断転用、掲載はご遠慮ください。