HOME


サーチテク
 基本編



サーチテク
 国内編



サーチテク
 海外編



情報交換
 掲示板



今月のテク
 &サイト



検索の友



どんな人
 調査



入門サイト
 リンク集



投稿フォーム



広告募集



今月の目次:

1.  3月20日:「新しくなったInfoseekを使ってみよう


3月20日:「新しくなったInfoseekを使ってみよう」

しばらくぶりのブラウズ日記更新になってしまった。いろいろと検索について悩み考える日々が続き、なかなか日記を書く気分になれなかったのだ。そんな時にでも、サーチエンジンの改訂やニュースがあり、驚くやら感心するやら、なかなかインターネットの世界も面白い。(Yahoo! JapanとGooの提携には驚いたな。5月からサービスを開始するそうだ)

そして今日は、新しいシステムを導入した「Infoseek Japan」で、どのように検索方法に違いが出てきたのか確認してみようと思う。

今回の検索トピックは、『ホームページの検索の仕方について説明しているこの「超初心者のためのホームページ検索術」を見つける』ことにしてみよう。

Infoseekの登録しているサイト数が、今回一段と増加したということなので、まずは検索の基本「検索するサーチエンジンを知る」ことから始めてみようと思う。そこで、「Infoseekの検索機能一覧」で使用できる演算子を確認してみる。(このリンクは、別ブラウザを立ち上げる設定をしているので、ちょっと確認のために見てみてください)

この演算子一覧をみると、「+」「-」記号を使用できるようになっているため、今までのようにただキーワードを書き込む場合と、その「+」記号を使用した場合に違いが出てくるだろうと予想される。今回は、ホームページ検索についての解説が知りたいので、かならず「ホームページ検索」という語を含むページの検索から開始。

+ホームページ検索

この検索結果には4,547件のヒットがあり、この「超初心者のためのホームページ検索術」がトップにランクされている。(よかった)

次は、今までのInfoseekの検索で行っていたように、ただ「ホームページ検索」と入力し検索開始。この結果は511,444件のヒットで、このサイトは上位100サイトの中にも出てこない。これはどういうことであろうか?推測するに、「ホーム ページ 検索」もしくは「ホーム or ページ or 検索」という検索を実行したことになるのではないだろうか。Infoseekは自然語検索にも対応しているため、「+」記号をつけない場合には、「ホームページ検索」を一語として扱っていないように思える。

ちなみに、今までのキーワード追加時に必要だった「」記号とともに追加キーワード「サーチエンジン」を追加して「ホームページ検索サーチエンジン」として検索すると、このサイトは20位にランクされた。1位のサイトとともに、ウェイトは100%だったため、それほどの差がなく検索結果に表示されたと考えていいだろう。つまり、この方法だと「|」記号の前後を一つの単語と認識していたのであろう。

今回の教訓:
●サーチエンジンのシステムが改訂された場合には、必ず「検索機能一覧」をチェックすること。
演算子(+、-、and、or、not、括弧等)の使用は、検索対象が膨大なサーチエンジンでは、ますます必須になってきている。


押してください。空メールがマスターに届きます。

[2月の日記へ] [ホームページ検索術のホームへ] [4月の日記へ]


(C) 1998 Advanced Internet Marketing (AIM) Consultancy
All Rights Reserved.

このホームページの内容の無断転用、掲載はご遠慮ください。