マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

携帯マーケティング

40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

投稿日:

年代別のスマートフォンビジネス

スマートフォンを頻繁に利用して、

アクティブに行動するのは、

10代、20代の女性を中心にした若い世代。

このことが分かっているので、

この年代の女性をターゲットにした企業では、

スマートフォンを活用して、

会社の売上をいかに増やしていけば良いかを検討し、

実践に移していることでしょう。

この年代を対象にしたスマホ活用ビジネスは、

すでに出遅れ感がありますが、

今後他の年代を対象にしたスマホ活用ビジネスであれば

これからでもまだまだ間に合うという業種が多いはずです。

今回ご紹介する調査結果によって、

40代と50代のスマートフォンユーザーが

急増していることがわかりました。

40代、50代にも急速にスマホが浸透/インターネットへの入り口はスマホへ移行【ニールセン調査】

今回のスマートフォンユーザーに関する調査では、

2013年と2014年のスマホの利用率を調べています。

スマホの利用率を年代でみると、

10代も20代も約70%です。

これは、2013年でも、

2014年でもほとんど変わりません。

一方、40代のスマホ利用率を見てみると、

2014年の利用率は50%と、

10代・20代と比較すると低い割合ですが、

2013年の利用率が39%だったので、

急増していることがわかります。

この傾向は、50代でも同様です。

10代、20代に行き渡っているスマホですが、

今後は40代、50代にも広がり、

スマートフォンを活用したビジネスの

ターゲット層として十分に考えることができる

市場規模になってきています。

スマホの普及率が低いということで、

40代・50代を対象にしている会社の多くが、

今まではスマートフォンの活用が不十分でしょう。

40代・50代のスマホ利用者の急増をチャンスだと捉えて

スピーディーに対応できるか否かで、

今後のビジネスに大きな影響が出てくるのではないでしょうか?

私たちがご協力しますので、

若者を対象にしていない会社でも

スマートフォンを上手くビジネスの仕組みに組み入れていきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです

-携帯マーケティング
-

執筆者: