*

B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

公開日: : 最終更新日:2015/03/06 マーケティングについて ,

コンテンツマーケティングの実態

メールマガジンの発行、

検索エンジン最適化、

ソーシャルメディア活動などの

さまざまなビジネス活動に関連する

コンテンツマーケティングは、

消費者向けのビジネスを行なうB2C企業と、

法人向けのビジネスを行なうB2B企業で、

異なる活動を行なっているのか否か。



今回は、この点を考えてみましょう



現在のインターネットビジネスの活動では、

オリジナルのコンテンツをたくさん作成し、

それを自社の財産にしていくことが、

今後の新規顧客の獲得にも、

リピート率を上げるためにも必要になってきています。

このことを理解している海外企業が増え、

今回ご紹介する調査結果では、

B2C企業の77%、

B2B企業の86%が

コンテンツマーケティングに取り組んでいます。



ただ、取り組んでいる内容の詳細を分析してみると、

同じような場合も

微妙に違っている場合もあるので、

コンテンツマーケティングを実施する上で、

どのようなことが必須なのか、

どのようなことが違ってくるのかを把握し、

自社の今後のビジネス活動の

参考にしていくと良いでしょう。



How B2C and B2B Content Marketing Efforts Compare



B2C企業とB2B企業で

同じ傾向を示しているのは以下の通りです。



1年前よりも多くのコンテンツ作成を行なっている。(約70%)

コンテンツマーケティング関連の予算を増やしている。(60%弱)

コンテンツマーケティングが効果的だと考えている。(40%弱)



一方、コンテンツマーケティングの目的は

B2C企業とB2B企業で違う傾向を示しています。

B2C企業の場合は、

コンテンツマーケティングの主な目的は、

顧客維持」および「ロイヤルティの向上」、

さらに「顧客との関係強化」です。



B2B企業の場合は、

ブランドイメージの向上」と「見込み客の獲得」です。



同じように、

コンテンツマーケティングを実践していても、

全く目的が違います。



前述のように、

コンテンツを増やす活動に注力し、

コンテンツマーケティングに予算を増やしていても、

目的が違えば、行なうべきことが違うということです

今回調査を行なった海外のほとんどの会社が

コンテンツマーケティングの重要性を認識しています。



ただし、B2C企業とB2B企業とでは、

行なうべきことが違うので、

この点を明確に分けておかないと、

コンテンツマーケティングを

せっかく実践しているのに、

効果がなかなか出てこないということになってしまいます。



自社が行なう

コンテンツマーケティングの目的を具体的にし、

そのために、どのようなコンテンツを増やしていくのか?

このプランニングはかなり重要ですね



この最初の段階で、

計画が上手くできていないと、

今後多くの時間と手間をかけても、

売上に結び付きにくい

ということになってしまうのでご注意ください。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

ball-563973_640

顧客を維持するための10種類の方法

既存顧客のリピート率を上げるには 新規のお客様数を増やすよりも、 既存の顧客

記事を読む

bag-15709_640

顧客獲得費をどのように定義すべきか?

営業活動を効率化する顧客獲得費とその検証方法 今回は、企業向けのビジネス活動を

記事を読む

arrow-224433_640

話題!クロスチャネルの魅力で売上アップ

店舗経営とネットショップの相乗効果 最近の消費者のニーズは本当に多彩です。

記事を読む

office-381228_640

ネット時代の新たな購買プロセスとは

顧客ニーズと購買プロセス お客様は、どのような購買プロセスを辿って、 商品を

記事を読む

person-110305_640

ユーザーエクスペリエンスの意味と実践法

顧客体験を意識したビジネス対応で売上増へ 以前は、物が足りない時代。 今

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑