*

マーケティングオートメーションの良し悪し

公開日: : 最終更新日:2015/03/05 マーケティングについて

マーケティングオートメーション構築の鍵

企業のマーケティングプロセスにおいて、

オンラインの活動とオフラインの活動を融合させることで、

ビジネス活動の効率化を図る。

この仕組みで注目される

マーケティングオートメーション」ですが、

良いことばかりではないかもしれません。

特に、企業向けの商品やサービスを販売する会社では、

インターネットを活用するのが

得意ではないという会社が多いかもしれませんね。



「マーケティングオートメーション」では、

見込み客の獲得を

インターネットのホームページ等を活用して行ない、

見込み客が自社のファンに育ってくれるように、

メールマガジン等で

継続的にコミュニケーションを図り、

お客様の購買意欲が高まった

適切なタイミングを見計らって、

営業担当者がコンタクトをするということになります。



見込み客を集めるための営業活動は本当に大変です。

個々の営業担当者が

見込み客集めに多くの時間を使うよりも、

オンラインの活動を通して、

見込み客を集め、

受注確率が高いお客様にフォーカスした方が、

営業担当者が効率的に仕事をすることができます。



今回は、このことを念頭に、

マーケティングオートメーションの

良し悪しについて考えてみましょう。



The pros and cons of marketing automation



今回ご紹介する記事では、

見込み客に届けるメールが多すぎるということが

問題として挙げられています。



マーケティングオートメーションでは、

見込み客の教育が重要なポイントです

見込み客に、現状の問題点を認識させ、

その問題をすぐに解決しなければ、

いつまでも売上増の機会を失うことになり、

この問題を解決するために、

自社の商品・サービスが

いかに適しているのかを気づかせます。

この教育のために、

さまざまなアプローチで、

見込み客にメッセージを届けることになりますが、

このメッセージが多すぎると、

嫌気が差すと指摘をしています。

これは難しい問題ですね。



どのような方法で

どのような頻度で、

見込み客の教育を行なうのか?

これはいくつかのシナリオを試して、

最適な組合せを探し出していくことになるでしょう。



ただし、この最適なプロセス作りを

複雑なものにしてしまうと、

自社にとっても、

見込み客にとっても

分かりづらいものになり、

良い結果を出すことが難しくなってしまいます。

できるだけ分かりやすいシンプルなプロセス作り。



この点も心がけておかないと、

マーケティングオートメーションが

どんどん複雑化してしまうので注意が必要です。



インターネットを使ったメール等のビジネス活動は、

テストと検証がしやすいのが特徴です。

この特徴を最大限に生かして、

マーケティングオートメーションの

仕組みを作ることができるのは、

マーケティングオートメーションに取り組むメリットになりますね。

企業向けの販売活動では、

ビジネスの効率化を考えるのであれば、

マーケティングオートメーションの仕組みを作ることは、

今後必ず必要になってくるでしょう。



ただし、どのように運用するかによって、

見込み客に良い印象を与える教育活動ができずに、

売上増にちっとも結び付かないというケースも出てきます。

そのようなことにならないように、

まずは私たちにご相談ください。

ネットの活用方法を十分にアドバイスしますので。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

fashion-155660_640

必須!自社にとっての理想の顧客像を作る

理想的なお客様像を具体化せずに売上増なし 自分の会社にとっての理想的なお客様。

記事を読む

qualification-76737_640

特集!インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングの活用法 ブログを利用して情報発信する人たちが増えた

記事を読む

forum-27450_640

バイラルマーケティングにクイズを活用して集客アップ

バイラルマーケティングとクイズ バイラルマーケティングという言葉を 今までに

記事を読む

person-110305_640

ユーザーエクスペリエンスの意味と実践法

顧客体験を意識したビジネス対応で売上増へ 以前は、物が足りない時代。 今

記事を読む

silhouettes-142329_640

特集!カスタマーライフタイムバリューの重要性と計算式

ライフタイムバリューを追求する ライフタイムバリュー(LTV:Lifetime Val

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑