マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

携帯マーケティング

調査結果!Facebookのモバイルユーザーの急増とモバイル広告

投稿日:

Facebookの利用者増に合わせたビジネス展開

Facebookの2014年の第2四半期の決算が発表されました。

Facebookの利用者が、

パソコンでも、携帯電話でも増えたことで、

それらの利用者向けのFacebook広告による

収入が増えたという決算となり、

Facebookの事業が好調だということがよくわかります。

ネットビジネスでは、

自社が対象とする見込み客が

たくさん利用している場所で

自社の存在を高めていくことが大切です。

そのため、

自社が対象とする見込み客の多くが、

Facebookを頻繁に利用しているということであれば、

Facebookでビジネスアカウントを開設することはもちろん、

Facebook広告も利用して、

見込み客によりリーチすることを考えていかなければなりません。

このことを検討するためにも、

今回のFacebookの決算状況を

しっかりと確認しておくことをお薦めします。

Facebookの2Q決算、ユーザーも売上も大幅増、モバイル広告収入は6割に
 

Facebookの決算発表では、

1日のアクティブユーザー数が、

2014年の6月には、

平均で8億2900万人になり、

前年同月よりも19%増えたそうです。

さらに、モバイルユーザーに限定すると、

1日のアクティブユーザー数が39%増加し

6億5400万人になったということです。

Facebookの利用者が増えていることはもちろん、

今回の決算発表で注目すべきは、

モバイルユーザーが急増しているということです。

検索エンジンの利用者でも、

メールマガジンの利用者でも、

モバイルユーザーの割合が増えていますが、

この傾向はFacebookでも同様です。

今後のネットビジネスでは、

いかにモバイルユーザーに対応できるかが

今後の売上を左右することになります。

2014年5月には、Facebookは、

FAN(Facebook Audience Network) という

新しいモバイル広告ネットワークを発表しています。

サードバーティーのモバイルアプリのデベロッパー等は、

広告営業・広告ターゲティング・広告管理・支払い管理などを

Facebookに代行してもらうことで、

モバイルユーザー向けの広告活動を行ないやすくなります。

このように、さまざまな媒体が

モバイルユーザーを対象にした

各種のサービスをリリースしているので、

これらの情報にも敏感になりながら、

自社のモバイル戦略の検討を進めていきたいですね。

コンサルティングの始め方はこちらです

-携帯マーケティング
-,

執筆者: