*

発表!ネット販売では益々モバイルECが躍進

公開日: : 最終更新日:2014/10/20 ネットビジネス関連の調査結果

モバイル向けネットショップの利用者増

ネット販売における、

携帯電話を利用した

モバイルショッピングが増えていることは、

このコラムでも何どもご紹介していますが、

今回の全世界を対象にした

Eコマース消費者動向」の調査でも、

モバイルショッピングが益々増えていることが紹介されています。



全世界のEC総売上66%はAndroid端末経由
 


「Androidタブレットおよびスマートフォンが、

全世界のEコマース総売上の66%を占めている」



海外では、パソコンは持っていないけれども、

Androidタブレットやスマートフォンは

持っているというユーザーもかなり多いので、

Eコマースの総売上で考えると、

すでにパソコン経由のネット販売よりも割合が多くなっています

スマートフォンは、パソコンに比べて、

画面サイズが小さいので、

気になった商品を外出先で検索することはできるけれども、

最終的な購入は家に帰ってからパソコンで。

このようなユーザーも多いのですが、

パソコンを所有していないユーザーの場合、

このような情報機器の使い分けはできませんね。

そのため、たとえ画面が小さくて

買いにくいと感じていたとしても、

スマートフォンで商品を買う。

このような人たちが徐々に増えてくるのでしょう。



最近では、ネットショップにアクセスする

情報端末別に最適なレイアウトの

ネットショップを表示させることができる

レスポンシブデザインに対応する会社

徐々に増えてきているので、

スマートフォンによる買いにくさが

解消されてきているという面もあるのでしょう。



商品をネットで売りたい。

ネット経由のサービス申込者数を増やしたい。

このように考えている場合は、

パソコンユーザー向けの情報提供だけでは

不十分だと言わざるを得ませんね。



もちろん、「携帯ユーザーに特化しろ」

と言っているわけではありません。

海外よりも日本では、

さまざまな情報端末を使い分けている人が多いでしょう。

この使い分けにもうまく対応して、

どのようなケースでユーザーがアクセスしてきても、

購買率・成約率が高い状態を目指す

とても大切なことですね。



このようなトータルプランニングの

全体像を確認するために、

私たちと一緒に検討を始めてみませんか?

気づきの差が大きな結果の差になる。

このことを強く感じる日々です。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

tablet-313002_640

大調査!情報端末毎の集客方法別のネットショップの収益割合

異なる情報機器経由のネットショップの売上比較 携帯電話を利用しているユーザー向けに、

記事を読む

tablet-184888_640

タブレットPCに対する消費者ニーズの実態

タブレットPCの利用実態の把握で新たなビジネスへ 自社が対象とするお客様層が、

記事を読む

rhythm-250254_640

2014年にマーケティング活動する上で無視できない調査結果

注目されているマーケティング活動とは 2014年の各社のマーケティング活動。

記事を読む

best-seller-158885_640

特集!物販ジャンルの通信販売市場の実態と今後

通信販売市場の規模と今後 インターネット通販は、 すでに多くの会社にとっても

記事を読む

euro-76012_640

調査結果!ヨーロッパにおけるスマートフォンによる購買行動

スマートフォンによる購買行動調査 スマートフォンで商品を購入する。

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑