*

話題!SNS等で口コミを発生させる5つの方法

公開日: : 最終更新日:2014/10/18 SNSマーケティング ,

口コミが売上アップに繋がる仕組み作り

多くの費用をかけなくとも、

自社のことが話題になり、

売上に繋がると嬉しいですね。

もちろん、悪いことが話題になるようでは困ってしまいますが、

自社自身のことや自分の会社のブランドが、

多くのネットユーザーで話題になり、

売上が直接増えなかったとしても、

メールマガジンの読者やSNSのフォロワーが増えると

今後のビジネスがしやすくなります。



このようなことを目指すのが、

口コミマーケティング」です。

ブログが普及した時も、

この「口コミマーケティング」が話題になりましたが、

TwitterやFacebook、YouTubeの利用者が増えた現在も、

この「口コミマーケティング」が有効な手段として注目されています。



今回ご紹介する記事では、

口コミを発生させる5つのポイントが紹介されています。



クチコミを発生させる5つの琴線スイッチ、見る人の感情を揺さぶるコンテンツの極意とは
 


口コミの発生は、

偶然を狙うのではなく、

きちんとプランニングして、

口コミが発生する確率を上げたいですが、

この口コミの発生には、

以下の5つがポイントになります。


  1. 驚き
  2. 疑問・興味
  3. 発見・納得
  4. 共感
  5. 感動

この記事では、それぞれの表現例も挙げられています。

驚いた時には、「おもしろい!」「すごい!」

疑問・興味の場合は、「これって本当?」

発見・納得の場合は、「便利!」「なるほど!」

共感した時は、「わかる!」「素敵!」「かわいい!」

感動した時は、「感動した」「考えさせられた」



これらの言葉がネットユーザーから思わず出てくるようになると、

口コミが広がりやすいということです



SNSで、シェアされたとしても、

それが拡散していかなければ、

口コミは発生しませんね。

友達・知人に、どんどん知らせたくなるには、

きちんとした話題性が必要です。



今回は、この話題性を5つの切り口から解説しています。

この話題性作りでは、

自社の見込み客が、

どのような人たちかを具体化して、

その人たちを集めるための口コミマーケティングを

実施することが目的になるので、

ただ闇雲に口コミを広げようとしてもあまり意味がありません。



見込み客のフォロワー数を増やす

メールマガジン読者数を増やす、

ある商品の売上を増やすというように

口コミマーケティングの目的を具体化して

今回ご紹介したどのタイプの方法を使って、

口コミを発生させるのか?

このことをプランニングすることになります。



また、口コミは一度だけではなく、

何度も連続して発生させて、

お祭り状態にすると

爆発的な広がりを見せることがあります。

このような状態になる口コミも目指して、

口コミマーケティングをしっかりと

プランニングできるようになりたいですね。



私たちもご協力しますので、

あなたの会社独自の口コミマーケティングを

プランニングしてみたいと思いませんか?

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

4c07631cc1f771b849d7bf57ff53c176_s

発見!ソーシャルメディアとネットショッピングは必ずしも融合していない

ソーシャルメディアとネットショッピングの関係 ソーシャルコマースという言葉も生まれ

記事を読む

silhouettes-78013_640

注目!Pinterestのフォロワーを増やした海外成功事例

Pinterestのフォロワーを増やす方法 日本法人も出来て、 国内でも注目

記事を読む

social-349568_640

ソーシャルメディアでシェアされるには

ソーシャルメディア(SNS)で投稿効果を高める方法 ソーシャルメディアを活用して、

記事を読む

facebook-254165_640

話題!Facebookで多くのファンを集めた方法

売込みとは違うFacebook「いいね!」獲得法 障害のある子供を持つ母親が、

記事を読む

Social_025

特集!SNSの進展でリアルタイムマーケティング事例が注目

リアルタイムマーケティングとSNSの相性 TwitterをはじめとしたSNSは、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑