*

企業の利益を増やすための重要な要因とは

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 マーケティングについて ,

会社の存続と倒産の大きな違い

会社が倒産に追い込まれないために、

利益を常に意識したビジネス活動が必要になりますが、

あなたの会社では、

どのようなことにフォーカスして、利益を増やそうとしていますか?



新規のお客様が増えれば、会社の利益が増えていく。

このように思っているかもしれませんが、

新規のお客様の獲得ばかりに、

ビジネス活動を集中してしまうと、

常に多くの顧客獲得費が必要になり、

利益率が低い事業活動になってしまう可能性があります。



それでは、他の会社は、

どのようなことにフォーカスして、

会社の利益を出そうとしているのでしょうか?



今回ご紹介する記事は、

会社の利益を増やそうと

さまざまなことに取り組んでいる

会社の様子がよく分かります。



Retailers Say Customer Retention Will be Key Revenue Growth Driver
 


以下が、今回の調査に協力した会社が、

利益を出すためにフォーカスしているビジネス活動です。


  • 既存顧客の維持 52%
  • 新規顧客の獲得 45%
  • 製品の技術革新 30%
  • 新しい商品戦略 25%
  • 価格戦略と販売促進戦略 24%
  • 新しい販売チャネルと販売戦略 19%
  • 対象顧客の変更 17%
  • 技術進歩 16%
  • 企業合併・企業買収 11%
  • 新規市場への参入 11%



一番多くの会社がフォーカスしているのは、

新規顧客の獲得ではなく、既存顧客の維持でした

前述のように、

新規顧客を獲得するためには、

多くの広告費等が必要になり、

どうしても顧客獲得費が高くなります。

一方、既存顧客の維持の場合、

見込み客を集める必要がないので、

維持コストを低く抑えることができます。

自社の商品・サービスをすでに利用しているので、

自社に対する信頼もあるでしょう。

この信頼をもっと高めて、

リピート率を高めたり、

既存顧客の平均購買額を多くするには、

どのようなビジネス活動が良いのか?

この検討を通して、

さまざまなテストマーケティングを行ない、

既存顧客からの売上高の割合を増やしていく。

これが会社の安定に欠かせません



他にも今回の調査では、

製品の技術革新や

新しい商品ラインナップを増やしていく戦略作りも上位に来ています。

既存顧客が改善して欲しいと願っている製品のバージョンアップ。

新しい関連品の新規販売。

今よく売れている商品がいつまでも売れ続けるというのは稀です。

よく売れている商品があるうちから

次のヒット商品・ヒットサービスを目指して、

製品のバージョンアップを図ったり、

新しい商品の販売を手がけたりという

新たな取り組みを行なうからこそ、

中長期的に利益を出し続けることができます。

会社に余裕があるうちに、次の一手に手をつけていく。

とても大切なことですね。



次の新たなビジネス展開のためのアドバイス

あなたも受けてみたいと思いませんか?

自分たちだけでは気づいていない成功の種。

ご一緒に見つけていきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

taxes-226718_640

顧客生涯価値(LTV)を最高にするための15の方法

ライフタイムバリューが売上増の鍵 ビジネス活動をしていく上で、 顧客生涯

記事を読む

career-215528_640

人気!ネットの資料請求率や問合せ件数を増やす効果的な方法

資料請求数も問合せ率もすぐに改善できる 企業向けの商品やサービスを販売している

記事を読む

coffee-335663_640

シニア(高齢者)市場向けのマーケティング方法

高齢者をターゲットにしたビジネス 今後日本の人口構造が高齢化し、 60歳以上

記事を読む

woman-169286_640

やはりオムニチャネル戦略の立案が緊急課題

オムニチャネル戦略プランニング 2014年2月25日に発売される 「月刊ネッ

記事を読む

person-110303_640

「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を買ったり、 サービスを利

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑