*

企業の利益を増やすための重要な要因とは

公開日: : 最終更新日:2015/01/11 マーケティングについて ,

会社の存続と倒産の大きな違い

会社が倒産に追い込まれないために、

利益を常に意識したビジネス活動が必要になりますが、

あなたの会社では、

どのようなことにフォーカスして、利益を増やそうとしていますか?



新規のお客様が増えれば、会社の利益が増えていく。

このように思っているかもしれませんが、

新規のお客様の獲得ばかりに、

ビジネス活動を集中してしまうと、

常に多くの顧客獲得費が必要になり、

利益率が低い事業活動になってしまう可能性があります。



それでは、他の会社は、

どのようなことにフォーカスして、

会社の利益を出そうとしているのでしょうか?



今回ご紹介する記事は、

会社の利益を増やそうと

さまざまなことに取り組んでいる

会社の様子がよく分かります。



Retailers Say Customer Retention Will be Key Revenue Growth Driver
 


以下が、今回の調査に協力した会社が、

利益を出すためにフォーカスしているビジネス活動です。


  • 既存顧客の維持 52%
  • 新規顧客の獲得 45%
  • 製品の技術革新 30%
  • 新しい商品戦略 25%
  • 価格戦略と販売促進戦略 24%
  • 新しい販売チャネルと販売戦略 19%
  • 対象顧客の変更 17%
  • 技術進歩 16%
  • 企業合併・企業買収 11%
  • 新規市場への参入 11%



一番多くの会社がフォーカスしているのは、

新規顧客の獲得ではなく、既存顧客の維持でした

前述のように、

新規顧客を獲得するためには、

多くの広告費等が必要になり、

どうしても顧客獲得費が高くなります。

一方、既存顧客の維持の場合、

見込み客を集める必要がないので、

維持コストを低く抑えることができます。

自社の商品・サービスをすでに利用しているので、

自社に対する信頼もあるでしょう。

この信頼をもっと高めて、

リピート率を高めたり、

既存顧客の平均購買額を多くするには、

どのようなビジネス活動が良いのか?

この検討を通して、

さまざまなテストマーケティングを行ない、

既存顧客からの売上高の割合を増やしていく。

これが会社の安定に欠かせません



他にも今回の調査では、

製品の技術革新や

新しい商品ラインナップを増やしていく戦略作りも上位に来ています。

既存顧客が改善して欲しいと願っている製品のバージョンアップ。

新しい関連品の新規販売。

今よく売れている商品がいつまでも売れ続けるというのは稀です。

よく売れている商品があるうちから

次のヒット商品・ヒットサービスを目指して、

製品のバージョンアップを図ったり、

新しい商品の販売を手がけたりという

新たな取り組みを行なうからこそ、

中長期的に利益を出し続けることができます。

会社に余裕があるうちに、次の一手に手をつけていく。

とても大切なことですね。



次の新たなビジネス展開のためのアドバイス

あなたも受けてみたいと思いませんか?

自分たちだけでは気づいていない成功の種。

ご一緒に見つけていきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

graph-163509_640

マーケティングの新手法となっているグロースハックとは

グロースハックを使ってマーケティングを活性化 マーケティング分野では、 いろ

記事を読む

silhouettes-142329_640

特集!カスタマーライフタイムバリューの重要性と計算式

ライフタイムバリューを追求する ライフタイムバリュー(LTV:Lifetime Val

記事を読む

qualification-76737_640

特集!インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングの活用法 ブログを利用して情報発信する人たちが増えた

記事を読む

speakers-453475_640

マルチチャネルマーケティングの全体像とは

マルチチャネルマーケティングの必要性 消費者が、インターネットにアクセスする

記事を読む

676bc7ff85f81761a939bf9163f541a5_s

特集!エントリーフォーム最適化を実現するための検討項目

エントリーフォーム最適化とは 資料請求にしても、 会員登録にしても、

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑