*

コンテンツマーケティングの評価指標(KPI)

公開日: : 最終更新日:2015/01/10 コンテンツマーケティング ,

コンテンツマーケティングの課題と実践

自社が情報発信している

ホームページ・ブログ・Twitter・Facebookなどでコンテンツを増やして、

集客にも、見込み客の獲得にも役立てる

コンテンツマーケティングの活動ですが、

多くの企業が目に見えた効果が

すぐに出てこないことに悩んでいるようです。



コンテンツマーケティングの実践で、

どのような成果を期待するかによって、

コンテンツマーケティングを続ける

モチベーションが長続きするかが違いますが

コンテンツマーケティングを続けることで、

以下のような成果が出てくると嬉しいですね。



「自社ブランドに対するお客様の意見が変わってきた」

「購買意欲が高まってきた」

「見込み客から注目されるようになってきた」

「ブランド認知度が高まってきた」

「お客様からの注文に関わっていた」



しかし、これらは数値化しにくいですね



実は、これらの期待する成果は、

海外の調査結果でも

コンテンツマーケティング関係者が

期待していることとして挙げられています。


Why Your B2B Content Marketing May Not Be Working



「自社ブランドに対するお客様の意見が変わってきた」を

重要業績評価指標(KPI)にしたいと考えている企業の割合が60.1%。



「購買意欲が高まってきた」を

KPIにしたいと考えている企業の割合が54.6%。



「見込み客から注目されるようになってきた」を

KPIにしたいと考えている企業の割合が49.5%。



「ブランド認知度が高まってきた」を

KPIにしたいと考えている企業の割合が47.8%。



「お客様からの注文に関わっていた」を

KPIにしたいと考えている企業の割合が41.9%。



このようになっています。

しかし、これらに対して、

コンテンツマーケティングの貢献度を

具体的に示すことは難しいですね。



インターネットでお客様の意見を収集したり、

アンケートを実施したりということで、

ある程度の変化を掴むことはできますが、

これらの数値化しにくいことを、

KPIに挙げていると、

モチベーションを維持しにくいので、

もっと数値化しやすいKPIを検討することがお薦めです

たとえば、ブログのコンテンツ数が増えたことで、

検索エンジン経由の訪問者数が増加したなどの

ユニークビジター数の増加をKPIの一つにする。

さらに、コンテンツが良くなると、

訪問者数が増えるだけではなく、

ブログやホームページの閲覧ページ数も増えてくるので、

平均閲覧ページ数をKPIの一つにする。

コンテンツ内容が良くなると、

メールマガジンの登録率も高くなるので

この登録率もKPIの一つにする。

加えて、SNSにおいてフォロワー数が増えたり、

リツイートやコメントが増えたりということにも繋がるので、

これらを数値化するのも良いでしょうね。



このように、自社の評価指標を何にするかで

今後のコンテンツマーケティングのモチベーションが違ってくるので

しっかりと検討しておくことをお薦めします。

見込み客の役に立つ独自のコンテンツが増えれば増えるほど、

あなたの会社の貴重な財産になります。

今後の集客数を増やすことにも、

購買率を上げることにも役立ってくるので、

地道な作業にはなりますが、

コンテンツマーケティングを続けていくことをお薦めします。

コンテンツマーケティング

効果的な実践方法についてのアドバイスも行なっていますので、

ご一緒にお仕事をしていきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

cms-265127_640

必須!コンテンツマーケティングにもSEOを取り入れる

コンテンツマーケティングにもSEOは必須 集客するにしても、 自社のファンを

記事を読む

man-257884_640

ネットショップの更新頻度と成功スコアの関係

売れている雰囲気を出すネットショップとは お客様のフィードバックに基づいて、

記事を読む

problem-449364_640

コンテンツマーケティングの40種類の分析指標

コンテンツマーケティングの実践法 コンテンツが、ネットビジネスでは重要。

記事を読む

shield-229112_640

将来を見通した洞察力でBtoB企業の売上がアップ

BtoB企業のマーケティング活動 企業間取引を行なうBtoB企業のマーケティング活動で

記事を読む

finger-280201_640

テレビ通販最大手ジュピターショップチャンネルのビジネスモデル

テレビ通販会社のネット販売手法 事業が上手くいっている会社には、 その会社が

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑