*

購買に強い影響があるコミュニケーションとは

購買行動とコミュニケーション

どのような方法で、

お客様とコミュニケーションを図ると、

お客様が買いたくなるのか?



このことを知っているか否かで、

効率的なビジネス活動が出来るかが決まってきます。



あなたは、

自分がどのようなことがきっかけで

商品を買っているかを考えたことがあるでしょうか?



マーケティングでは、

消費者のこの購買行動をリサーチして、

日ごろのマーケティング活動に生かしていますが、

販売に関わる人であれば、

自分がどのようなことがきっかけで

商品を買っているかを客観的に分析すると、

今後の販売活動に役立てることができます。

このことがわかるようになると、

商品を販売するために、

お客様とどのような形でコミュニケーションを図ると

商品を売りやすくなるかがわかってきます



このコミュニケーションスキルを伸ばすために今回は、

消費者が最も影響を受けている

コミュニケーション方法についてご紹介しましょう。



Which Types of Brand Communications Most Influence Purchase Decisions?
 


自分のニーズに関係している情報や提案が伝わるコミュニケーション



これが最も消費者の購買に影響があり、

53%の回答者が、自分のニーズとの関係を重視しています。

ということは、

企業がコミュニケーションを図ろうとする

お客様のニーズを把握することなしに、

良かれと思って情報や提案を伝えたとしても、

それらが顧客ニーズにマッチしていなければ、

購買には繋がらないということです。



そのため、日ごろのビジネス活動では、

個々のお客様のニーズを

把握しやすい仕組みを作ることが大切になりますね。



今は、多くの消費者が

ブログやSNSで情報発信しているため、

自社の商品やサービスに関心がありそうな人たちに、

どのようなニーズがあるかを調べやすい環境が整っています。



このようなニーズがある人に、

このように商品を紹介すれば、

購買率が上がるはずだ。

この予測を立てて、

それをテストすることで、

予測通りの反応になるか否かを検証し、

さらに改善していきます。

このようにして、

顧客ニーズの把握が上手くなり、

お客様のニーズに関係している

情報発信が出来るようになると、

お客様の購買率がグッと上がるはずです。



今回の調査で、

2番目に購買に影響があったコミュニケーション方法は、

コミュニケーション時に、

お客様の名前や所有しているポイント数などの

個人情報を記載するという方法でした。

企業からのメールに、

自分の名前や所有している

ポイント数などの情報が含まれていると、

企業に対して親しみを持てるようになったり、

現在獲得しているポイントに関心が向いたりするので、

商品を買う可能性が高まるというのです。

確かに、自分の名前が

メールの件名に入っていると、

メールを開封する可能性が高まりますね。

現在獲得している期間限定のポイントが

もう少しで切れるという情報が届くと、

そのネットショップを訪れるきっかけになり、

買おうと思っていなかった物を衝動買いすることもあります。



お客様との関係をいかに強めていくのか?

このことを常に考えて、

個々のお客様に対応する

パーソナライゼーションを強化することは、

海外の企業も最優先に行なっていることなので、

自社でも積極的に取り入れていきたいですね。

お客様のニーズを把握するための調査や

パーソナライゼーションを導入するためのプランニング。

私たちがサポートしますので、

あなたの会社の売上増にお役立てくださいね。

「コンサルティングの始め方」はこちらです





関連記事

statue-of-liberty-267948_640

アメリカの景気を米国の中小企業はどのように考えているのか?

米国の景気動向が日本の経済にも影響 日本の景気に大きな影響がある米国の景気。

記事を読む

savings-box-161876_640

増税後の節約意識調査が発表されました

増税後の消費者行動とビジネスチャンス 消費税が8%になる前の駆け込み需要が、

記事を読む

human-189282_640

注意と対策!高齢者対応が不十分な広告が多い現実

高齢者を意識した広告の必要性 今後日本は、高齢者の比率が多くなることは、 さ

記事を読む

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s

バブル世代のライフスタイルと購買動向の調査結果

バブル世代をターゲットにしたビジネスのために 1980年代は景気が好調で、

記事を読む

eagle-219679_640

注目!米国の中小企業がリピーター確保に事業を集中

リピート率の高さがビジネスを安定させる 中小企業は、新規のお客様を集めることに

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑