*

必須!ポジショニング戦略の確認と見直し方法

公開日: : 最終更新日:2014/08/27 マーケティングについて

puzzle-210790_640

競争力を高めるためのポジショニング戦略

自分の会社の競争力を高めたい



このように思った時に、

ポジショニング戦略」の確認や見直しが

一つの解決手段になることがあります。



お客様は、商品を買ったり、

サービスを利用したりする時に、

いくつかのショップや会社を比較して

どこが良いかを考えるケースが多いはずです。

このような時に、

あなたの会社が比較検討の中に含まれて、

最終的に商品を買ってもらったり、

サービスを利用してもらったりするためには、

競合と比較した時の立ち位置である

あなたの会社の「ポジショニング」がとても重要になります。



この「ポジショニング」が上手くいっていないと

比較検討される対象にもならないし、

たとえ比較される対象に入ったとしても、

最終的に選ばれる会社にはなりません。

これでは、いつまでも売上が増えていかない

ということになってしまうのでご注意くださいね。



あなた自身も買物をするときに、

AとBのお店の価格を頭の中で比較して、

「どちらのお店で買うとお得かな」

と考えることが多いと思います。

全く同じ商品であれば、

価格だけで比較されてしまうケースが多いので、

価格の高低によって、

自社と近隣の競合店のポジションを確認することになります。



ただ、価格だけが購買の判断基準にならないことも多いので

もう少しポジショニングは複雑になります。



たとえば、

アフターサービスが必要な商品であれば、

アフターサービス」をX軸、「価格」をY軸にして、

自社と競合店のポジションをさらに詳しく分析することになります。

このようなケースでは、

お客様の頭の中では、

価格はこちらの方が安いけれども、

アフターサービスの保証年数が長いので、

「やはりあっちのお店で買うことにしよう」

と考えることがあります。



このようなお客様の考えを、

自社のポジショニングとして明確にし

会社の競争力を高める手掛かりにしていきます。



また、競合会社の状況がいつまでも同じ

ということはほとんどないので、

ポジショニングの状況が変わることも

覚えておかなければなりません。

ポジショニングの分析を定期的に見直して、

新たなポジショニング戦略を検討することも、

今後のビジネス活動のスケジュールの中に

きちんと入れておくことをお薦めします。



ポジショニング戦略を立案するための

調査・分析・検討のご依頼はこちらからお願いします





関連記事

beautiful-15728_640

返品ポリシーが購買に強く影響している

返品ポリシーとネットショップの売上の関係 商品を買ってもらうために、 ネ

記事を読む

silhouettes-219649_640

話題!パーソナライズドマーケティングの効果と課題

パーソナライズドマーケティングとは 今までのマーケティング活動でも、 個々の

記事を読む

at-64056_640

パーソナライゼーションに必須のツール

パーソナライゼーションの良し悪しは使用ツールで決まる 海外の優良なネットショッ

記事を読む

sign-34670_640

話題!マーケティングオートメーションの構築で重要なポイント

マーケティングオートメーションの実践法 企業間取引をしている会社には、

記事を読む

bag-15709_640

顧客獲得費をどのように定義すべきか?

営業活動を効率化する顧客獲得費とその検証方法 今回は、企業向けのビジネス活動を

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑