*

販売促進活動を行なう時は顧客マインドを考える

公開日: : 最終更新日:2014/10/09 リアルビジネス関連の調査結果

売上アップと顧客マインドの強い関係性

さまざまなテクニックを駆使して、

販売促進活動を行ないますが、

その際にテクニックだけに頼るのはあまりお薦めできません。

お客様というのは、

感情の変化で商品を買ったり

サービスに申し込んだりします。



そのため、この顧客マインドが冷え切っている時に

プロモーションをいくら行なっても、

販売促進活動の結果を最大化することにはなりません。



今回は、消費者の消費意欲に関する指数が発表されたので、

そのレポートをご紹介しましょう。



▼博報堂生活総研
 [生活インデックスレポート・消費動向編・6月]
 (消費意欲指数・デフレ生活指数)
 


2014年4月は、

消費税が5%から8%に上がり、

このことが顧客マインドに大きな影響を与えました。



今回のレポートでは、

男女の合計の消費意欲指数を、

3月は53.8、5月は44.3、6月は47.2だったと報告しています。



これは、以下の質問に対する回答です。



・消費意欲が最高に高まった状態を100とすると、
 あなたの来月の消費意欲は何点くらいですか?


消費税が4月に上がることがわかっていた3月は、

この3ヶ月の中で消費意欲指数が一番高かったですね。

4月はその反動で落ち込みますが、

6月になって少し持ち直しています。



この消費意欲指数は、

男女別、年代別でも紹介されているので、

気になる人は、詳しい調査結果を確認することをお薦めします。



今回の調査は、

社会全般の消費意欲に関する調査でしたが、

自社のお客様の消費意欲を考えた

プロモーション活動を行なうことも大切です。

この顧客マインドを高めることを意識しないプロモーション活動は

どうしても結果が悪くなる傾向があります。



いきなりキャンペーンを行なうのではなく、

キャンペーンの予告をして、期待感を高める

このキャンペーンも、

自社のメールマガジンのすべての読者に告知するのではなく、

購買履歴等からお客様を絞り込んで、

その人たちの関心が高い商品やサービスに

最適なインセンティブを付けてプロモーションする。



このような視点で、

「顧客マインド」を意識しながら

販売促進活動を行なえるようになると、

売上を最大化しやすくなるのでお薦めです。



あなたの会社のお客様に対して、

どのような販売促進活動を行なうと、

お客様の購買意欲を刺激して、

売上増に直結するでしょうね?



このプランニングを、私たちとご一緒に行なってみませんか?

専門家のアドバイスを参考にした

新たな切り口のキャンペーンを実施できるようになると、

あなたのワクワク感もきっと高まるはずです。


まずは、コチラをクリックしてご相談ください





関連記事

man-290186_640

会社の売上増に貢献する熱狂的なファンの特徴

自社のファンを育てるために特徴を知る 自社で販売している商品やサービスの 熱

記事を読む

eagle-219679_640

注目!米国の中小企業がリピーター確保に事業を集中

リピート率の高さがビジネスを安定させる 中小企業は、新規のお客様を集めることに

記事を読む

price-tag-374404_640

商品購入の決め手は価格・コストパフォーマンス・品質の見せ方次第

お客様の商品を買う時の優先順位 あなたが買い物をする時に、 商品を買うか否か

記事を読む

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s

バブル世代のライフスタイルと購買動向の調査結果

バブル世代をターゲットにしたビジネスのために 1980年代は景気が好調で、

記事を読む

personal-365964_640

調査結果!経営幹部が考えるマーケティングの優先課題

新規顧客の獲得だけではない経営課題 あなたの会社では、 どのようなマーケティ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑