マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

リアルビジネス関連の調査結果

販売促進活動を行なう時は顧客マインドを考える

投稿日:

売上アップと顧客マインドの強い関係性

さまざまなテクニックを駆使して、

販売促進活動を行ないますが、

その際にテクニックだけに頼るのはあまりお薦めできません。

お客様というのは、

感情の変化で商品を買ったり

サービスに申し込んだりします。

そのため、この顧客マインドが冷え切っている時に

プロモーションをいくら行なっても、

販売促進活動の結果を最大化することにはなりません。

今回は、消費者の消費意欲に関する指数が発表されたので、

そのレポートをご紹介しましょう。

▼博報堂生活総研
 [生活インデックスレポート・消費動向編・6月]
 (消費意欲指数・デフレ生活指数)
 

2014年4月は、

消費税が5%から8%に上がり、

このことが顧客マインドに大きな影響を与えました。

今回のレポートでは、

男女の合計の消費意欲指数を、

3月は53.8、5月は44.3、6月は47.2だったと報告しています。

これは、以下の質問に対する回答です。

・消費意欲が最高に高まった状態を100とすると、
 あなたの来月の消費意欲は何点くらいですか?

消費税が4月に上がることがわかっていた3月は、

この3ヶ月の中で消費意欲指数が一番高かったですね。

4月はその反動で落ち込みますが、

6月になって少し持ち直しています。

この消費意欲指数は、

男女別、年代別でも紹介されているので、

気になる人は、詳しい調査結果を確認することをお薦めします。

今回の調査は、

社会全般の消費意欲に関する調査でしたが、

自社のお客様の消費意欲を考えた

プロモーション活動を行なうことも大切です。

この顧客マインドを高めることを意識しないプロモーション活動は

どうしても結果が悪くなる傾向があります。

いきなりキャンペーンを行なうのではなく、

キャンペーンの予告をして、期待感を高める

このキャンペーンも、

自社のメールマガジンのすべての読者に告知するのではなく、

購買履歴等からお客様を絞り込んで、

その人たちの関心が高い商品やサービスに

最適なインセンティブを付けてプロモーションする。

このような視点で、

「顧客マインド」を意識しながら

販売促進活動を行なえるようになると、

売上を最大化しやすくなるのでお薦めです。

あなたの会社のお客様に対して、

どのような販売促進活動を行なうと、

お客様の購買意欲を刺激して、

売上増に直結するでしょうね?

このプランニングを、私たちとご一緒に行なってみませんか?

専門家のアドバイスを参考にした

新たな切り口のキャンペーンを実施できるようになると、

あなたのワクワク感もきっと高まるはずです。

まずは、コチラをクリックしてご相談ください

-リアルビジネス関連の調査結果
-

執筆者: