*

今の検索エンジン会社が考えている方向性とは

検索エンジン動向がビジネスを伸ばす鍵

検索エンジン会社などで働いている人たちの

パネルディスカッションがありました。

検索エンジンを使う利用者にとっても、

検索エンジンをビジネス活動に使う会社にとっても、

検索エンジン会社が、

今後どのようなことをしようとしているか

知っておくことはとても大切です。


今回ご紹介する記事を参考に、

今後検索エンジンを

どのように使っていけば良いかを

考えてみてください。



サーチ is DEAD !? これからのサーチの在り方、活用方法とは?
 

今後のビジネス活動に役立つ点を2つハイライトしておきましょう。


『スマートフォン、タブレット、PC

それぞれにデバイスに検索傾向の違いがある

平日の時間帯による傾向をみていくと、

「PCは日中に強い」「スマートフォンは朝方、

昼間、夜半と常時使われる傾向がある」のに対して

「タブレットは従来PCが強かった

夜半以降に検索が増える」という傾向がある』


ネットユーザーが使う機器によって

検索エンジンを利用する動向が違う。

このことを理解した上で、

どの機器を使うネットユーザーに

どのタイミングで情報発信をしていくと

より効率的なビジネス活動ができるのか?

この点は、常に意識しておいた方が良いですね。


『「情報検索」「買い物」などの

目的を達成するために

デバイスの使い分けが見られる。

いずれもスマートフォンが起点となり

タブレットやPCに行動を引き継いで

最終的な購買などの活動に

つながっている傾向が見られる』


この複数の機器を利用した「購買行動の引継ぎ」。

これも、必ず抑えておかなければならないポイントです。

1人のネットユーザーが

複数の機器を利用して、

スマートフォンで気になる商品の情報を調べ、

最終的にはパソコンで購入する。

このような購買行動の引継ぎがわかっていれば、

この引継ぎがしやすいネットショップ作りなどの

アイデアに繋げることができます。




検索エンジン会社動向のフォローは必須

検索エンジン会社は、

検索をするネットユーザーの動向を詳しく調査し、

今後のビジネス展開を考えています。

このことをしっかりと理解しておくためにも、

検索エンジン会社の動向は

今後も絶対にフォローしていきたいですね





関連記事

iphone-410316_640

発表!ネット販売では益々モバイルECが躍進

モバイル向けネットショップの利用者増 ネット販売における、 携帯電話を利用し

記事を読む

network-94222_640

情報通信メディアの利用時間と情報行動の発表

情報通信メディアと消費者行動 総務省より、 情報通信メディアの利用時間と

記事を読む

tablet-184888_640

タブレットPCに対する消費者ニーズの実態

タブレットPCの利用実態の把握で新たなビジネスへ 自社が対象とするお客様層が、

記事を読む

rhythm-250254_640

2014年にマーケティング活動する上で無視できない調査結果

注目されているマーケティング活動とは 2014年の各社のマーケティング活動。

記事を読む

monitor-63767_640

注意!ネットの間違った情報・古い情報がお客様を失う原因

あなたはお客様を失う原因をわかっていますか? 自分が経営していたり、勤めていたりす

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑