マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

店舗マーケティング

なぜ今体験型モールが注目されているのか?

投稿日:

イオンモール幕張新都心に見る店舗マーケティング

12月20日に、イオンモール幕張新都心が

グランドオープンしましたね。

かなり注目されています。

このモールの特徴は、

体験型モール」であるということ。

イオンでは、

お客様が「体験できること」を

ウリにしています。

その体験を通じて、

買物に夢中になってもらい

売上増を目指すというのです。

具体的な体験型モールとは

たとえば、親子で職業体験ができる

「Kandu Kafe (カンドゥーカフェ) 」

というテーマパークがあります。

・医療機器の使い方を学ぶアクティビティ

・ピザを自分で作れるアクティビティ

このようなアクティビティができるコーナーがあり、

体験重視型のテーマパークになっています。

ただ商品を陳列しているだけの店舗では、

お客様を集めることが難しい時代になってきたようです。

お客様に実際に体験してもらい

その人のライフスタイルにマッチした

商品を納得して買ってもらう。

イオンの同店は、このような売り方に特化して、

何度も来てもらえるモールを目指しています。

店舗を経営している場合には、

商品の陳列方法はとても重要ですが、

今後は一歩進めて、

お客様の体験を通じて

商品への関心を高めてもらう

という売り方も考えていかなければ

ならなくなってきています。

今後体験型の店舗が増えるほど、

それに慣れたお客様が増えるので、

今まで通りの販売方法を続けていたのでは

お客様数がどんどん減ることに

なってしまうのでご注意ください。

今回ご紹介する記事にも、

この「体験型モール」のことが

詳しく書かれています。

ご参考にしてくださいね。

千葉湾岸で勃発「イオンvsららぽーと」SC戦争!
 勝負の先に生き残る小売業の未来像が見えてくる

 

-店舗マーケティング
-

執筆者: