*

なぜ今体験型モールが注目されているのか?

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 店舗マーケティング

イオンモール幕張新都心に見る店舗マーケティング

12月20日に、イオンモール幕張新都心が

グランドオープンしましたね。

かなり注目されています。


このモールの特徴は、

体験型モール」であるということ。

イオンでは、

お客様が「体験できること」を

ウリにしています。

その体験を通じて、

買物に夢中になってもらい

売上増を目指すというのです。



具体的な体験型モールとは

たとえば、親子で職業体験ができる

「Kandu Kafe (カンドゥーカフェ) 」

というテーマパークがあります。



・医療機器の使い方を学ぶアクティビティ

・ピザを自分で作れるアクティビティ


このようなアクティビティができるコーナーがあり、

体験重視型のテーマパークになっています。


ただ商品を陳列しているだけの店舗では、

お客様を集めることが難しい時代になってきたようです。

お客様に実際に体験してもらい

その人のライフスタイルにマッチした

商品を納得して買ってもらう。

イオンの同店は、このような売り方に特化して、

何度も来てもらえるモールを目指しています。

店舗を経営している場合には、

商品の陳列方法はとても重要ですが、

今後は一歩進めて、

お客様の体験を通じて

商品への関心を高めてもらう

という売り方も考えていかなければ

ならなくなってきています。


今後体験型の店舗が増えるほど、

それに慣れたお客様が増えるので、

今まで通りの販売方法を続けていたのでは

お客様数がどんどん減ることに

なってしまうのでご注意ください。


今回ご紹介する記事にも、

この「体験型モール」のことが

詳しく書かれています。

ご参考にしてくださいね。



千葉湾岸で勃発「イオンvsららぽーと」SC戦争!
 勝負の先に生き残る小売業の未来像が見えてくる

 



関連記事

aliens-72455_640

ネット販売から実店舗販売に進出しオムニチャネルを実現

オムニチャネル化で売上倍増 店舗を訪れるお客様が、 スマートフォンを利用して

記事を読む

dubai-326544_640

調査結果:店舗でのデジタルデバイスの影響力

店舗販売を活性化させるには 店舗を訪れているお客様が、 スマートフォンなどの

記事を読む

shopping-312311_640

海外報告!消費者の新しい店舗体験が販売を活性化

小売店の新たな購買体験で売上アップ 消費者が店舗を訪れて、 商品を見ていても

記事を読む

marketing-strategies-426545_640

デジタルクーポンがオムニチャネルに大活躍

デジタルクーポンで顧客との関係強化で売上アップ デジタルクーポンや割引コードを

記事を読む

showroom-555113_640

店舗のショールーミングに関する利用者の実態

店舗がショールームになる対策 店舗を訪れるお客様が、 店舗内でスマートフォン

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑