*

大調査!情報端末毎の集客方法別のネットショップの収益割合

公開日: : 最終更新日:2014/11/06 ネットビジネス関連の調査結果 , ,

異なる情報機器経由のネットショップの売上比較

携帯電話を利用しているユーザー向けに、

どのような集客方法を活用すると

ネットショップの売上を効率的に増やすことができるだろうか?



携帯電話ユーザー向けだけではなく、

タブレット端末ユーザー向けでも、

パソコンユーザー向けでも

同じような検討を行なってみると、

それぞれの情報端末で、

異なる傾向を掴むことができます。



今回ご紹介する調査結果では、

携帯電話ユーザーの場合、

メールによる販売促進活動が

ネットショップの収益に一番貢献していました。

この調査では、以下の集客方法別に

ネットショップの収益割合を算出しています。


  • メール
  • オーガニック検索(通常の検索結果)
  • 検索連動型広告(PPC広告)
  • 紹介
  • ソーシャルメディア
  • ディスプレイ広告



Mobile Commerce: Email’s Influence Largest on Phones; Paid Search Drives Tablet Revenues
 


前述のように、

携帯電話ユーザーの場合は、

メール経由の収益が26.7%と一番多くなり

オーガニック検索経由の収益、

検索連動型広告経由の収益、

紹介経由の収益と続いています。



タブレット端末ユーザーの場合は、

検索連動型広告経由の収益が24.8%と一番多くなり

メール経由の収益、

オーガニック検索経由の収益、

紹介経由の収益と続いています。



パソコンユーザー向けの場合は、

オーガニック検索経由の収益が23.5%と一番多くなり

メール経由の収益、

検索連動型広告経由の収益、

紹介経由の収益と続いています。



ネットショップの収益ベースで比較すると、

「アフィリエイト」

「ソーシャルメディア」

「ディスプレイ広告」は、

メール等の他の集客方法よりも、

収益割合がかなり低くなる傾向があります。

この傾向は、携帯電話ユーザーでも、

タブレット端末ユーザーでも、

パソコンユーザーでも、

ほぼ同様の傾向を示しています。



今回の調査結果を参考にした、

ネットショップの販売促進活動では、

携帯電話ユーザー向けには、

メールによる販売促進活動が効果的だということ、

タブレット端末ユーザー向けには、

検索連動型広告の効果が高いということがわかりました。

さらに、パソコンユーザーの場合は、

検索エンジン最適化(SEO)を強化して、

検索エンジン経由のパソコンユーザーを増やすことに

フォーカスした方が良いこともわかりました。



情報端末別に効果的な販売促進活動が違う

このことをわかって、

日ごろの販売促進活動を行なっているか否かで、

その効果が大きく違ってくるでしょう。

それぞれの情報端末を使っている

ユーザーが好む集客方法を理解して、

自社のビジネス活動に組み入れていく。

このような視点で販売戦略を作っていきたいですね。

3種類の情報端末別のプロモーションも考慮した新しい販売戦略の立案

ぜひご一緒に行なって、売上を倍増させるきっかけにしましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

google-76517_640

今の検索エンジン会社が考えている方向性とは

検索エンジン動向がビジネスを伸ばす鍵 検索エンジン会社などで働いている人たちの

記事を読む

computer-148645_640

費用対効果が高くなりネット動画広告市場が急拡大

有望なネット動画広告市場 最近、動画を使った広告を見かける機会が増えたと感じていま

記事を読む

man-213507_640

新世紀世代の特徴と購買行動

新しい特徴のある消費者の購買行動 アメリカでは、2000年前後に成人した人たちを、

記事を読む

60e9aa9c78ee008475b5aee936cbe0c4_s

電子商取引市場の各国別の成長率予想

世界各国の電子商取引市場の調査 今後の電子商取引市場の成長率。

記事を読む

handbag-159884_640

マーケティングで新規顧客と既存顧客のどちらを優先するか

顧客の優先順位の決め方 あなたの会社では、 新規のお客様を増やすことと、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑