*

業界別のメール開封率とクリック率

公開日: : 最終更新日:2014/10/10 メールマーケティング ,

メールマーケティングの効果測定指標

メールマーケティング活動をしていると、

自社で配信しているメールの開封率やクリック率が、

良い方なのか、悪い方なのかが気になりますね。



今回ご紹介する記事には、

アメリカの事例ですが、

業界別のメールの開封率とクリック率が

紹介されているので参考になると思います。



Email marketing benchmarks 2014: how do you stack up?
 


たとえば、小売業界の場合、

開封率の平均値は20.9%

クリック率の平均値は3.4%

メールを開封した人のクリック率の平均値は14.6%になっています。



テキスト版のメールマガジンしか配信していない場合は、

開封率を計測することはできませんが、

html版のメールマガジンを配信している場合は、

開封率を計測することができるので、

ご参考にしてください。



以前は、メールの開封率は、

業界別に見た時に30%前後でしたが、

今回の調査結果では25%前後になり、

全体的に開封率が下がっています。



前述のクリック率は、配信した全メール数に占める割合です。

今回のデータでは、

メールを開封した人に占めるクリック率も別に紹介しているので、

区別するようにしたいですね。

今回の業界別のメールの開封率やクリック率を見て、

自社との差を比較してみると、

もっと改善しなければならないと感じたり、

業界の平均よりも良いので、

今まで行なっていることは間違いではない

と確認できたりという判断ができます。



メールマーケティングは、

奥が深い業務になるので、

開封率やクリック率だけで、

良し悪しを判断することはできませんし、

メールだけでビジネスが完結するわけではないので

他の販売チャネルである店舗への誘導、

ネットショップへの誘導の

効果測定とも組合せて、

全社的な効果を判断していきたいものです。



このようなトータルプランニングや分析に関しても、

サポートしていますので、

あなたの会社でもメールマーケティングの効果を

もっと高めてみたいと思いませんか?



コンサルティングの始め方はこちらです



また、以下もお薦めなので、ご確認くださいね。





関連記事

email-email-447458_640

メールマーケティングの効果測定指標一覧

メールマーケティングを分析するには メールをビジネス活動に使うメールマーケティングでは

記事を読む

easter-84024_640

開封率もクリック率も改善:クーポン付きメールの効果

メールマガジン等の開封率・クリック率改善法 メールマガジンを発行していて、

記事を読む

date-62739_640

メールマーケティングを実施する際の時間配分

メールマーケティング担当者の業務の効率化 どの会社にとっても、 メールの

記事を読む

mail-34686_640

特集!反応がない読者のメールアドレスの整理法

メール読者のリストを整理する基準とは メールを何度配信しても、 開封もクリッ

記事を読む

plate-361516_640

重要!メールマガジンのレイアウトテストは必須

メールマーケティングの効果を高めるテスト方法 メールマガジン等のメールの効果を測定

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑