*

集客に役立つ「LINE@」の無料サービスが拡大

公開日: : 最終更新日:2014/09/23 携帯マーケティング

店舗経営者必見!「LINE@」の無料サービス

LINEの利用者がどんどん増えています。

そのLINE利用者への販売の機会を増やしたい

このように考えている店舗経営者にとって、

嬉しい無料サービスが始まりました。



5月16日に開始された無料サービスの「LINE@は、

飲食店や小売店などの実店舗がサービスの対象になります。



この無料サービスで、

どのようなことができるかが、

以下の記事で紹介されています。



無料版も提供開始!ビジネスアカウント「LINE@」リニューアル お店と顧客の1to1コミュニケーションも可能に
 


この無料サービスが

5月中旬に開始されるという発表が4月にあり、

4月24日より受付が開始されましたが、

すでに7,000件以上の申込があったそうです。

このLINEのサービスに申し込むと、

LINEとウェブで、

メニューやクーポンなどの店舗情報を

参照することができるようになり、

LINE内の検索結果でも上位表示されやすくなります。



無料の「スタンダードプラン」では、

メッセージを配信することができる回数が、

月に1回になっていますが、

月額5,000円の「プロモーションプラン」を利用すれば、

メッセージの配信回数が無制限になります。

お友達数が1万人までという制限がありますが、

まずは利用したいサービスですね。

無料で利用できるので、

店舗経営をしているのなら、

「スタンダードプラン」で利用を開始し、

自社にとっての利用価値を十分にチェックしたいものです。

上位プランにしないのであれば、

お友達数に制限があるため、

自社に強い関心があるファンを集めることに集中したいですね。



1万人までなら余裕があると、

最初から考えるのではなく、

自社が理想とするLINE利用者の理想像を具体化して

どのような方法でお友達に登録してもらうのかを

しっかりとプランニングしたいものです。



LINE@」は、あくまでもお客様との接点を作る

マーケティングチャネルの一つです。

自社の総合的なマーケティング戦略における

「LINE@」の新たな位置付けも考えて、

さまざまなマーケティングチャネルの

組合せを考えたプロモーション活動を、

効果的かつ効率的に実施したいですね。



あなたの会社でも、この機会に、

総合的なマーケティング戦略の検討や見直しを始めてみませんか?



今回のように、新サービスが始まる時は、

それをどのように現在のマーケティング戦略に

取り込めば良いかを検討する良いきっかけになります。

私たちも新しい視点のビジネスアイデアを

いろいろとご提案しますので、

ワクワクする新しいビジネスモデルをご一緒に検討していきましょう。

ご連絡は、こちらからお願いします





関連記事

phone-14780_640

モバイル広告が米国で好調: その成長率は?

米国のモバイル広告の最新調査結果 スマートフォンの利用者が国内外で増えていますね。

記事を読む

tablet-254581_640

タブレットPCを使った営業活動の実態

タブレットPCを営業活動に生かす 企業間取引をしている会社の営業担当者が、

記事を読む

iphone-324781_640

レスポンシブデザインだと携帯ユーザーのメール開封後のクリック率アップ

携帯ユーザー向けのメールではレスポンシブデザインが必須 メールを開封したユーザ

記事を読む

gem-81677_640

企業間取引にも影響するモバイルの利用率

BtoBマーケティングと携帯電話利用 消費者が、モバイル機器を使って、

記事を読む

research-390297_640

調査!スマートフォンユーザーが商品を購入しない理由

スマートフォンユーザーの購買行動 20代の女性を中心に、 スマートフォンで商

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑