*

電子商取引市場の各国別の成長率予想

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 ネットビジネス関連の調査結果

60e9aa9c78ee008475b5aee936cbe0c4_s

世界各国の電子商取引市場の調査

今後の電子商取引市場の成長率



これは多くの人にとって関心がある

データになると思いますが、

この貴重な各国のデータが、

米国のeMarketer社より発表されました。

残念ながら、日本の電子商取引市場の成長率はかなり下の方です。



Global B2C Ecommerce Sales to Hit $1.5 Trillion This Year Driven by Growth in Emerging Markets



今回の電子商取引市場の成長率のデータは、

2012年から2017年までのデータです。

各国とももっとも成長率が高かったのは、2012年になっています。

今後、2017年までは、

どの国も電子商取引市場の成長率は下がっていきます。

もちろん、市場が拡大し、十分な大きさになれば、

前年比で成長率を比較した時に、

成長率が徐々に下がっていくのは当然です。



皆さんが一番関係する日本の成長率は以下の通りです。


      成長率

2012年   12.3%

2013年  ▲10.2%

2014年    7.1%

2015年    6.7%

2016年    5.6%

2017年    5.0%


この成長率は、他の国の成長率と比較すると、かなり下位の方です。

電子商取引市場の成長率を2012年を基準にして、

高い順番に並べてみると以下の通りです



中国・インドネシア・インド

アルゼンチン・メキシコ・ブラジル

ロシア・イタリア・カナダ

スペイン・スウェーデン・イギリス

アメリカ・ノルウェー・デンマーク

フランス・オランダ・韓国

ドイツ・日本・オーストラリア・フィンランド


もちろん、市場規模の大きさが違うので、

成長率だけを見て、

この国向けの商品やサービスの販売がお薦めです

とは言いませんが、成長が著しい国に、

日本で実績のあるネット販売のノウハウを持ち込んで

その国で売上の拡大を目指すという考え方もありますね。



日本では今後、高齢化が進み、

少子化が続くことは間違いありません。

このような日本の現状と世界の状況を踏まえて、

今後のネット販売マーケティングの戦略を作っていく。

とても大切なことです。



世界の動向も踏まえた戦略作り。

海外の情報を豊富に提供できるからこそAIMが選ばれています。

あなたも一度、相談してみませんか?





関連記事

icon-28109_640

特集!顧客維持のために重要視している10項目

カスタマーリテンションの大切なこととは 会社の売上の安定化。 こ

記事を読む

android-os-150557_640

要対策!ネットショップでもスマートフォン利用者が拡大

急増するスマートフォン利用者数とビジネス対応 パソコン利用者とスマートフォン利

記事を読む

euro-76012_640

調査結果!ヨーロッパにおけるスマートフォンによる購買行動

スマートフォンによる購買行動調査 スマートフォンで商品を購入する。

記事を読む

google-76517_640

今の検索エンジン会社が考えている方向性とは

検索エンジン動向がビジネスを伸ばす鍵 検索エンジン会社などで働いている人たちの

記事を読む

rhythm-250254_640

2014年にマーケティング活動する上で無視できない調査結果

注目されているマーケティング活動とは 2014年の各社のマーケティング活動。

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑