*

2014年予測:ソーシャルメディアはどう変化する?

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 SNSマーケティング

5bb437526f295c7132c270cb1976d687_s

ソーシャルメディア予測

ソーシャルメディアが注目されている



このようなことを、

さまざまな媒体を通して見聞きするけれども、

2014年は、どうなるの?



このような思いもあるのではないでしょうか?



ソーシャルメディアで先行する

米国の専門家は、

2014年に、ソーシャルメディアが

どのように変化すると予測しているのか?

興味があるところですね。



ソーシャルメディアマーケティングはこう変化する!



この記事では、ソーシャルメディアの変化を、以下の9項目で解説しています。


  1. ビジュアルコンテンツの急増
  2. あからさまな販売目的のソーシャル活用が一掃
  3. オートメーションの爆発的な普及
  4. LinkedInが重要なパブリッシャーに
  5. より作り込まれたコンテンツが増加
  6. とにかく目立つことを考える
  7. ソーシャルメディアを有料で活用
  8. 静的コンテンツの終焉、インタラクティブコンテンツへ
  9. Google+がソーシャルシーンに台頭



ブロードバンドが当たり前になり、

画像や動画のファイルサイズを

気にする機会が減っていますね。

そのため、高画質な画像や動画

ソーシャルメディアに利用していく。

このような動きが加速するようです。



また、ソーシャルメディアは、

コミュニケーションが主体の媒体なので、

販売目的が前面に出すぎるのも敬遠されがちです。

ただし、「ソーシャルコマース」という言葉もあり、

多くの企業がソーシャルメディアを利用して、

商品販売のビジネスモデルを作ろうと

躍起になっているのは確かです。

自社のソーシャルメディアを利用するお客様に

反感をもたれずに、商品を販売するきっかけを作る。

今年は、この点についてもいろいろとテストしていきたいですね。



さらに、企業でソーシャルメディアを

担当している人の仕事量が多くなり、

オートメーション化が期待されています。

ネットを活用して、お客様を育て、

適切なタイミングで営業活動ができる仕組みを作る、

マーケティングオートメーション」。

今年も、かなり期待されています。



最後に、「より作り込まれたコンテンツ

という点では、ネットユーザーが知人・友人に

思わずシェアしたくなるコンテンツというのが、 一つのキーワードになります。

口コミがどんどん拡大することで、

自社の認知度が上がるし、

商品・サービスも売れていく。

このような好循環サイクルを1日も早く作りたいものです。



ソーシャルメディアの海外事例についてもいろいろとお教えします。

あなたにご相談していただくことが、嬉しいご縁に繋がります。

ご連絡はこちらからお願いいたします





関連記事

social-367942_640

SNSによって利用目的が違うので企業も対策が必要

SNSの特徴に合わせた使い分けでビジネスを活性化 同じソーシャルメディアに分類

記事を読む

Social_025

特集!SNSの進展でリアルタイムマーケティング事例が注目

リアルタイムマーケティングとSNSの相性 TwitterをはじめとしたSNSは、

記事を読む

social-349568_640

調査結果!SNS利用者が企業SNSをフォローする理由とは

企業SNSを活性化させて売上アップ お客様との関係を深めることができるSNS。

記事を読む

combine-229114_640

自社・競合の評判を知るTwitterを活用したリサーチ法

Twitterを活用して情報収集能力を高めるノウハウ インターネットを使ったリサーチ力

記事を読む

pinterest-psd-login

米国ではPinterestの利用者がTwitterよりも増加

米国で注目されるPinterestの利用状況 あなたは、画像共有SNSの 「

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑