*

特集!顧客心理を巧に価格戦略に生かす方法とは

公開日: : 最終更新日:2014/10/29 マーケティングについて ,

顧客心理に基づく価格設定方法

商品やサービスの価格設定

商品の原価に一定の利益を乗せて商品価格を決めている。

必要な経費を差し引いても、

利益が出るようにサービス料を決めている。



このようなケースが多いと思いますが、

価格の設定は、

もっと顧客心理に基づいて決めた方が

購買率・成約率が高くなるのでお薦めです。



商品価格を見たときに、

お客様の中で、どのような心理が働くのか?

このことを理解した上で、

価格設定ができるようになると、

より利益を出しやすくなります。



今回ご紹介する記事では、

異なる価格の洋服の販売を例に挙げ、

どのような心理が顧客に働いているかを解説しています。



Five ways to use psychological pricing
 


同じワンピースを、

34ドル、

39ドル、

44ドルで

お店に並べたときに、

一番売れるのは39ドルの時です。

日本でも、よくセール品が、

1900円、9800円、19800円というような

価格設定になっていますが、

セール品の価格設定を見てきた過去の経験から

39ドルというのは、

かなりお得な価格になっているはずだという心理が働きます。



一方、34ドルのワンピースは、

一番安い価格であるにも関わらず、

30ドルよりも4ドルも高い

という印象を与えてしまうので、

消費者は割安感を得ることができません。



他のケースでは、

価格が大きなフォントで書かれていると

かなりお得な価格なんだろうと思います。

それが本当にお得なのかがわからなくとも、

大きな文字で書かれている価格は、

お得だと感じやすいですね。



このような顧客心理を考慮して、

価格のディスプレイを工夫したいものです。



また、「セット販売」も

顧客心理を利用した販売方法として紹介されています。

マクドナルドでも、

さまざまな種類のハンバーガーが

ドリンクやポテトと一緒にセット販売されていますが、

こうすることで、

注文する時の顧客のわずらわしさを解消し、

高い価格帯のセット品の注文率を高めようとしているのです。

何種類もの中からハンバーガーもドリンクも選ぶのでは

迷ってしまうというお客様が多くなるでしょう。



一方、セット品になっていれば、

このセットをお願いしますと

簡単に注文をすることができますね。

楽に注文ができるというのは、

お客様にとって十分に価値があることです。

お店側にとっても、

このセット品を売ることで

利益率が高くなることでしょう。

お客様にとっても、お店にとっても

メリットがある販売方法を、

顧客心理に基づいて行なっているのです。



顧客心理をよく理解していれば

より多くの利益を得る可能性が高くなる上に、

購買率・成約率もアップします。



あなたの会社で販売する商品やサービスの価格設定と顧客心理は、

上手くマッチしているでしょうか?

利益の最大化を目指して、

この機会に価格戦略を見直すのも良さそうですね

どのような顧客心理を利用して、

価格戦略を決めていくのが良いかを、

ご一緒に考えてみましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

676bc7ff85f81761a939bf9163f541a5_s

特集!エントリーフォーム最適化を実現するための検討項目

エントリーフォーム最適化とは 資料請求にしても、 会員登録にしても、

記事を読む

forum-27450_640

バイラルマーケティングにクイズを活用して集客アップ

バイラルマーケティングとクイズ バイラルマーケティングという言葉を 今までに

記事を読む

person-110303_640

「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を買ったり、 サービスを利

記事を読む

pedagogy-194931_640

サイトリニューアルを社員教育に生かして業績アップ

スタッフのマーケティングノウハウを高めるには マーケティング担当者のスキルアップ。

記事を読む

mouse-84828_640

特集!カスタマージャーニーマップを使ってビジネス戦略やサイト制作に役立てる

カスタマージャーニーマップ活用法 マーケティングでは、 顧客を明確にしたビジ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑