マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

携帯マーケティング

タブレット端末の最新利用動向

投稿日:

タブレットPC利用者の特徴とは

タブレット端末を使って、

インターネットを利用するユーザーが増えたため、

このタブレットユーザーの利用動向に敏感になっておくことは

今後のビジネス展開を考える上でとても大切です。

スマートフォンやパソコンではなく、

なぜタブレットPCを使っているのか?

どのような利用シーンが多く

どのような目的でタブレットが使われるのか?

このようなことを考えながら、

タブレットユーザーを対象にした

サイトのデザインやコンテンツの作成に役立てます。

今回ご紹介するサイトには、

このタブレットユーザーの最新利用動向が紹介されています。

もはやパソコン代わり!? “タブレット”最新事情
 

タブレットPCを利用する場所は、

圧倒的に自宅が多くなっています

タブレットPCを所有しているユーザーの

96.9%が自宅で利用しているというのです。

Wi-Fi(無線LAN)機能のみの

タブレットPCを所有している人が

60%以上になっているので、

自宅のインターネット回線を利用して、

インターネットにアクセスしている人が

圧倒的に多いという調査結果です。

さらに自宅で、

どのようにタブレットPCを使っているかですが、

テレビを見ながら、

インターネット検索をする人がとても多く、

約70%になっています。

テレビを見ていて気になったことを、

スマートフォンやパソコンで調べるのではなく、

タブレットPCで調べているのです。

スマートフォンよりも、

画面が大きくて見やすく、

パソコンを置いてある部屋に行って、

インターネット検索をするのではなく、

テレビを見ながら、

ながら検索」をしているケースが多いということです

このようなタブレットユーザーの利用動向から、

自社のビジネスとの接点を

どのように作っていけば良いのか?

このことをしっかりと考えた、

プランニングを行ないたいですね。

外出先でスマートフォンを利用して検索しているユーザーや

自宅やオフィスのパソコンを利用して、

検索しているユーザーとは全く違う、

タブレットユーザーの行動や思考を考えながら、

自社との新たな接点を作っていくことで、

新しいビジネスチャンスに繋げることができます。

リラックスしながら、

「ながら検索」をしている人には、

余り硬い文章ではなく、

くだけた感じの文章で、

商品やサービスを紹介するのも良いでしょうね。

マーケティング活動では

お客様像をしっかりと具体化して、

その人のニーズを刺激して、

ビジネスに繋げていくことが大切です。

あなたの会社の商品やサービスと

タブレットユーザーの利用動向を上手く組み合わせた

ビジネス展開の方法をお教えしますので、

ご一緒に楽しみながら検討していきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです

-携帯マーケティング
-

執筆者: