*

商品レビューをネットショップの売上アップに役立てるには

公開日: : 最終更新日:2014/12/17 ネット販売 ,

顧客の商品レビューで購買率を改善

ネットショップの購買率に影響する

ビジネス要素はさまざまですが、

その中でも

お客様からの「商品レビュー」は

大きな影響があるので、

たくさんの商品レビューが集まる

仕組みを早く作りたいものです。



ネットショップに、

商品レビューができる機能を設ける。

これだけでは、なかなか商品レビュー数が増えません。

商品レビューをする、

何らかのインセンティブがないと

お客様はなかなか商品レビューを投稿してくれないのです。



それでは、どのようなインセンティブを提供すれば良いのでしょうか?



今回ご紹介する調査結果には、

消費者のネットショッピングに関する

さまざまなデータが紹介されています。

その中に、

「商品レビューをする理由」が挙げられているので、

今回はこの点について解説しましょう。



ネットショッピングの利用、月に1回以上が70%!
 


商品レビューをする理由の上位に挙げられている項目は以下の通りです。


  • 付加価値(送料無料/ポイント/おまけ)47.8%
  • 品質や内容がよかったと思ったら 13.0%
  • 使用の感想を伝えたい、評判になるから 10.1%
  • 品質や内容がよくなかったと思ったら 8.7%
  • 同じような購入者に伝えたい 8.7%


やはり送料無料・ポイント・おまけ

というようなインセンティブがあると、

商品レビューをしてくれますね。

商品レビューをする理由の2位になっている

「品質や内容がよかったと思ったら」と、

30%以上の開きがあり、

商品レビューをしてもらうためのインセンティブがないと、

商品レビューがなかなか増えないことがわかります。



ネットショップの購買率を上げるためには、

送料無料」が大きく影響します。

送料無料にして、自社の利益を削ったとしても、

購買率が上がれば、トータルの利益額が増える。

この計算がしっかりと出来ていれば、

利益率の高い商品を送料無料にしたり、

合計金額がいくら以上になると

送料無料にしたりということが可能になり、

実際に多くのネットショップで実践されています。

購買率を上げるために、

送料無料にするのであれば、

この「送料無料」に

「商品レビュー」も条件に加えれば、

今後の購買率がさらに上がることを期待できます。



送料無料だけではなく、

ポイント」も「おまけ」も、

商品レビューを行なうインセンティブになっていますね。



あなたの会社のネットショップで、
「送料無料」「ポイント」「おまけ」を使い分けた場合に、

購買率や商品レビュー数に

どの程度の違いが生じるのかをテストし

自社のネットショップ運営の効率化を

いろいろな視点から考えてみたいですね。



実際にテストをしてみると、

思っていたこととは違う発見があることが少なくありません。

この発見が自社のノウハウになっていくので

さまざまな独自のノウハウを身に付ける機会を

積極的に作っていきたいですね。

どのようにテストをしたり、

検証したりすれば良いかをお教えします。

新しいことを発見する楽しさを、ぜひ体験してくださいね。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

money-256314_640

送料無料を武器にした米国の優良ネットショップ

送料無料がネット販売の売上増の鍵 クリスマス前の米国の年末商戦では 「送料無

記事を読む

selection-64197_640

富裕層が好む情報伝達手段とは

富裕層の利用頻度が高い情報手段の活用 景気動向に左右されずに、 どのよう

記事を読む

shopping-cart-402758_640

ネットショップの在庫表示の上手さで売上アップ

ネット販売で在庫表示を工夫して購買率上げる 実は、在庫の表示方法が上手くなると、

記事を読む

shopping-cart-309592_640

特集!ショッピングカート破棄を復活させるメール活用法

ショッピングカート放棄率をメールで改善 ネットショップで、 ショッピングカー

記事を読む

shopping-cart-53798_640

ショッピングカート放棄者対策用メールの具体例

ショッピングカート放棄対策のためのメール対応法 ネットショップで、 ショッピング

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑