*

重要!メールマガジンのレイアウトテストは必須

公開日: : 最終更新日:2014/11/03 メールマーケティング ,

メールマーケティングの効果を高めるテスト方法

メールマガジン等のメールの効果を測定する。

このために、メールの開封率やクリック率

確認することになりますが、

メール関連の効果測定は、

もっと奥が深いので、

今回ご紹介する記事も参考に、

どのようにメールマーケティング活動を

検証すれば良いかを考えてみましょう。



Why you should test the layout of your emails
 


メールマガジン等のメールのレイアウトは

メール読者の閲覧やクリックに大きな影響があります。



たとえば、

次回発行するメールマガジンが3つのコラムによって、

構成されているとしましょう。

これらの3つのコラムを、

どのような順番にすると

会社にとってもっとも効果が高いのか?

この検証を行なうために、

3つのコラムの順番を変更した

異なるタイプのレイアウトのメールマガジンを作成し、

それぞれのメールマガジンで、

読者の反応の違いを検証します。



各コラムにリンクがある場合は、

同じリンクでありながら、

メールマガジンで紹介するコラムの順番が違うだけで、

クリック率がかなり違ってくることがあります。

これは、最初に紹介するコラムを読んで、

もうその先のコラムを読まなくとも良いと

判断するメール読者が多ければ、

2番目、3番目のコラムで

いくら役立つことを書いていたとしても、

それらの各コラムに書かれているリンクが

クリックされる確率は下がってしまいます。



この2番目、3番目のコラムまで

読者がスクロールして見ているかを

確認する方法もあります。

それは、「ヒートマップ」という機能で

htmlメールの場合に利用することができるのですが、

読者の「マウスの動き」や

「スクロールの動き」を記録して、

赤や青に色分けをし、

読者の多くが閲覧している箇所を可視化することができます。

この「ヒートマップ」の機能を使えば、

メールマガジンのコラムのレイアウトの違いが、

読者の閲覧にどの程度影響しているかがわかります。



さらに、閲覧されていないからクリックされない

閲覧されているけれどもクリックされない。

閲覧者数が少ないけれどもクリック率が高い。

このようなことが分かるようになるので、

クリック数やクリック率の計測だけではわからない

読者の閲覧状況と組合せて、

クリック状況を検証することができます。



また、メールのレイアウトの違いによる読者の反応が、

パソコンユーザーと携帯ユーザーで異なる場合もあります。

読者がメールを確認する情報端末別に、

メールマーケティングの検証を行なうことも可能になるので、

メールマーケティングの効果をより一層高めたければ、

今回解説しているような検証をしやすい

アクセス解析の環境を整えることが大切です



私たちは、アクセス解析ツールの導入や

アクセス解析についてのアドバイスも行なっています。

さまざまなネットビジネス活動の効率化。

アクセス解析が上手く出来るかに大きく影響されるので

まずは現在のアクセス状況についてお知らせください。

ご一緒に検討していきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです



また、以下もお薦めなので、ご確認くださいね。





関連記事

personal-260577_640

特集!パーソナライズしたメールを配信する効果とは

メールのパーソナライゼーション化 メールを配信する時に、 メールを受け取る個

記事を読む

annual-report-61851_640

業界別のメール開封率とクリック率

メールマーケティングの効果測定指標 メールマーケティング活動をしていると、

記事を読む

rose-66456_640

収益アップ!お客様との関係強化に役立てるメール活用法

お客様をファンにするメールを活用した秘策 自社のお客様との関係を強化することで

記事を読む

iphone-37856_640

スマートフォンに最適化したメール配信が必要

モバイルユーザーに対応したメールマーケティング メールマガジンを発行していると、

記事を読む

date-62739_640

メールマーケティングを実施する際の時間配分

メールマーケティング担当者の業務の効率化 どの会社にとっても、 メールの

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑