マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

動画マーケティング

話題!ビジネスコミュニケーションでライブビデオが注目

投稿日:

ライブビデオをビジネスの活性化に利用

アメリカの企業幹部を対象にした調査において、

ビジネスコミュニケーションで

最も利用されているテクノロジーは、

ライブビデオ」(59%)でした。

Live Online Video Popular for Business Communications

全国各地の店長を集めた集会や

各種の会議を本社で行なおうとすると、

地方の社員を呼び集めるために、

多くの交通費や宿泊費がかかります

しかし、ライブビデオを活用すると、

パソコンなどの機器があれば、場所を選ばず、

どこからでもコミュニケーションを図ることができます。

動画共有サービスであるUstreamが2007年に登場し、

ライブビデオストリーミングが容易になったため、

ビジネス活動にライブビデオを利用する会社が増えています。

ライブビデオは、以下の機器があれば、簡単に配信することができます。

  • パソコン
  • カメラ
  • マイク
  • インターネット回線

高機能なカメラでもマイクでも、それほど価格は高くありません。

ライブビデオをビジネスコミュニケーションに使おうと思えば、

明日からでも可能なはずです

Ustreamのアカウントを取得する方法を、

インターネットで紹介しているサイトがいくつもあるので、

戸惑うことなくアカウントを取得することもできるはずです。

会社幹部からの一方通行のコミュニケーションだけではなく、

Ustreamには、動画視聴者とのチャット機能もあるので、

視聴しているスタッフからの質問に答えることもできます。

社内会議であるため、

社外の人に会議内容を聞かせたくないという場合は、

パスワードをかけた配信も可能です。

ただしこの場合は、

同時視聴者数が100人までという制限があるようなので、

それ以上の人数になる場合は、

有料サービスの利用を検討したほうが良さそうです。

ライブビデオを社内の

ビジネスコミュニケーションに生かすだけではなく、

見込み客の開拓に利用するケースもあります。

たとえば、見込み客を集めるために、

レポートや動画を閲覧できるキャンペーンを実施し、

登録者からの質問に答える場を、

ライブビデオで提供します。

ライブビデオの活用方法はアイデア次第です。

社内向けにも、社外向けにも、

上手くライブビデオを活用して、

コミュニケーションレベルを高めて、

会社の競争力を上げていきたいものですね。

-動画マーケティング
-

執筆者: