*

年末商戦における米国のネットショップのメール配信状況

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 メールマーケティング

米国の年末商戦に見るメールマーケティング

ネットビジネスで売上を増やすために

メールを活用する

これは王道ですね。


ネットショップの売上を増やすために、

配信できるメールアドレス数を

増やすためのリスト収集は、

とても重要なビジネス課題です。


今回は、米Internet Retailer誌の

以下のコラムをご紹介し、

アメリカの年末商戦時期の

ネットショップのメール配信回数

確認してみましょう。



E-retailers pick up the e-mail pace in December



調査を行なった期間は、

2013年の12月1日から12日までです。

ネット販売額の多い上位1000ショップが

調査対象となり、

この期間に平均6.68通のメールを

配信していたそうです。


最も配信数が多かった

アパレル関連のAshleyStewart.comでは、

12日間で46通のメールを配信していました。

年末商戦時期は、

メールの開封率が通常よりも

20%高くなっていたという会社もあり、

どうしても配信回数を増やしたくなるようです。


どのようなメールを、1日に何度配信するのか?


これは、とても重要なポイントですが、

1日に何度もメールを配信してしまうと、

「わずらわしい」と思われる

危険性が高まるので、

しっかりとプランニングして、

読者全員に配信するメールと

属性や購買履歴などで

お客様を絞り込んだメールの使い分けがお薦めです。





関連記事

bag-21467_640

年末商戦で注目される効果的なメールマーケティング活動

メールマーケティングで効果を出す方法 年末商戦で売上増を見込んでいる。

記事を読む

dresses-53319_640

アパレル・ファッション関連業界のメールマーケティングの実態

アパレル業界の特徴的なメール活用法 今回は、イギリスのアパレル業界が、 どの

記事を読む

mail-34686_640

特集!反応がない読者のメールアドレスの整理法

メール読者のリストを整理する基準とは メールを何度配信しても、 開封もクリッ

記事を読む

annual-report-61851_640

業界別のメール開封率とクリック率

メールマーケティングの効果測定指標 メールマーケティング活動をしていると、

記事を読む

personal-260577_640

特集!パーソナライズしたメールを配信する効果とは

メールのパーソナライゼーション化 メールを配信する時に、 メールを受け取る個

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑