マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

ネットビジネス関連の調査結果

経済産業省による国を超えた電子商取引の市場調査

投稿日:

電子商取引の市場の全体像を知る

インターネットの世界は国境がないので、

国を超えた電子商取引の市場が作られています。

これがどの位の市場規模なのかを示す報告書が

経済産業省より発表されたので、

ご紹介しておきましょう。

調査結果要旨のPDFも報告書のPDFも、

このページから閲覧できます。

国内BtoC-EC 市場規模は11.2兆円に成長
 

今回の調査結果は、2013年の市場規模をまとめたものです。

日本国内の消費者向け電子商取引(BtoC-EC)

市場規模は11.2兆円となり、前年比で17.4%増だそうです

消費者向けだけではなく、

企業間電子商取引(BtoB-EC)の市場規模も発表され、

インターネットを介した狭義のBtoB-EC は186兆円となり

前年比で4.4%増だそうです。

これらは市場全体の動向ですが、

業界別のEC化率も算出されているので、

自分が属する業界のEC化率を確認しておくこともお勧めします。

主要な業界に関する考察もあるので一読しておくと良いですね。

さらに、前述のように、

国境を越えた電子商取引の市場として、

日本・アメリカ・中国の

越境電子商取引に関するデータも豊富です

日本からアメリカで購入したケースの

電子商取引の市場規模は4,323億円、

日本から中国で購入したケースの

電子商取引の市場規模は3,902億円となっています。

日本国内向けのネット販売だけではなく、

海外向けのネット販売を考えている企業も、

すでに行なっている企業もあるでしょう。

これらの企業にとって、

ネットショッピングを利用する理由が、

日本・アメリカ・中国毎にまとめられているので、

今後のビジネス展開を考える貴重な資料になります。

ビジネスで正しい判断をするには

良い情報をたくさん知っていることが大切です。

今回の経済産業省の資料は、

膨大な調査のもとに作られたはずなので、

このような貴重な資料はしっかりと読み込み、

今後のビジネスに役立てていきたいものです。

私たちは、国内外のさまざまな情報に基づき、

コンサルティングを行なっています。

適切な情報に基づいた売れる仕組み作りの検討

ぜひご一緒に行なっていきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです

-ネットビジネス関連の調査結果
-,

執筆者: