*

調査!ソーシャルメディア経由のネットショップ訪問者割合が少なすぎる

公開日: : 最終更新日:2014/09/21 SNSマーケティング

ソーシャルメディアとネットショップの相乗効果

ソーシャルメディアとネットショップの相性

これは本当に気になります。



ネットユーザーが、

FacebookTwitterで投稿しやすくなるように、

ネットショップにリンクを貼ることがありますが、

これはとても簡単なので、

多くのネットショップ運営会社が行なっています。



しかし、今回ご紹介する記事を読んでみると、

リンクを貼るのは簡単だけれども

FacebookやTwitterのソーシャルメディア経由の訪問者数の割合

かなり少ないことがわかります。



Social Not a Big Help to Ecommerce
 


ネットショップを訪れる全訪問者数に占める

ソーシャルメディア経由の訪問者数の割合が1%以下だという会社が

43%にもなります。



ただ、この割合が

1%から1.9%」が13%、

2%から4.9%」が13%、

5%から10%」が3%だという会社もあります。



訪問者数の割合だけでは、

詳細はわかりませんが、

他の調査では、

ソーシャルメディア経由の訪問者数が多く、

購買率も、平均購買単価も悪くないという

結果を報告している場合があります。

やはり、やり方次第ということでしょうか?



ネットショップにソーシャルメディアのアイコンを貼って、

ソーシャルメディアで投稿をしやすくする。

これだけでは不十分です。



自社のソーシャルメディアも運営し、

その運営先のソーシャルメディアで、

どのような内容の投稿を継続するかによって、

その投稿を読んだソーシャルメディア利用者の期待感が違ってきます

商品に対する期待感が高いネットユーザーが、

ソーシャルメディア経由で、

ネットショップを訪れれば、

最初から期待感が高いだけに、

購買率が高くなるのも頷けます。

このようなネットユーザーの期待感を高める投稿を、

ソーシャルメディアで継続するのは、

知恵もノウハウも努力も必要です



ソーシャルメディア経由の訪問者数が少ない。

このことを嘆くのではなく、

どのようにすれば訪問者数を増やすことができるか、

どのようにすれば購買率を高めることができるか。

このような視点で、

ソーシャルメディア戦略や戦術を

作り上げていくことが必要です。



私たちもご協力しますので、

理想的な売上高を実現するために

ご一緒に検討してみませんか?

必ず良い機会になりますので、

こちらからご連絡ください





関連記事

43a697340d42fbc2084d3ffc5b2576fd_s

女性のソーシャルメディア利用はやはりLINEが強かった!

女性のソーシャルメディアの利用実態 女性を対象にした商品やサービスを 販売し

記事を読む

structure-204729_640

特集!商品売上に貢献度の高いソーシャルメディアとは

物販に役立つソーシャルメディアとは 簡単にネットショップを作ることができる

記事を読む

facebook-timeline-76533_640

Facebookの「いいね!」を水増しする良くない方法

Facebookの「いいね!」を増やす方法 Facebookの「いいね!」が多

記事を読む

pinterest-psd-login

米国ではPinterestの利用者がTwitterよりも増加

米国で注目されるPinterestの利用状況 あなたは、画像共有SNSの 「

記事を読む

Social_025

特集!SNSの進展でリアルタイムマーケティング事例が注目

リアルタイムマーケティングとSNSの相性 TwitterをはじめとしたSNSは、

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑