*

話題!顧客エンゲージメントの重要性と海外動向

公開日: : 最終更新日:2014/08/28 マーケティングについて

district-291098_640

顧客エンゲージメントとは

会社を繁栄させるために、

お客様との「つながり(エンゲージメント)」を

いかに強いものにしていくかが

今後の課題になっている会社が多いはずです。



お客様とのエンゲージメントが強くなると、

会社のファンになり

会社の商品を何度も買ってくれるようになります

自分が商品を買うだけではなく、

友達・知人に紹介してくれるようにもなり、

会社にとっては本当に嬉しいお得意様になります。



今回ご紹介する調査結果の資料では、

このエンゲージメントについてさまざまな考察を行なっています。



Brand Engagement in the Participation Age
 


この資料の中から今回は、

アメリカの企業が、

どのような指標で、

顧客とのエンゲージメントを強くする活動を

評価しているかをご紹介しましょう。



  • インタラクション率 85.7%
  • インフルエンサーへのリーチ 82.9%
  • 店舗やウェブサイトへの誘導 80.0%
  • 販売/費用対効果(ROI) 80.0%
  • エンゲージメントコスト 77.1%
  • コンバージョン 77.1%


最近は、このエンゲージメントを強めるために、

FacebookやTwitterなどのSNSを利用するケースが増え、

自社が投稿した時に、

フォロワーになっている人たちが、

どれだけコメントやシェアをしてくれたかというインタラクション

成功の指標にしている会社が増えています。

今回の調査でも、最も多くの会社が、

エンゲージメントを評価する指標にしていますね。



次のインフルエンサーへのリーチですが、

自社のファンになってくれた人たちや関連業界に詳しい人たちに、

どれだけリーチできるかも大切です。

自社の情報がしっかりと伝われば、

それだけその人たちが運営している

SNSやブログで紹介してもらう機会が増えるため、

自社のブランド力を高めたり、

ネットショップの売上を増やしたりという

好結果を生み出すことができます。

多くの人たちとのつながりが増えれば、

それだけその人たちが、

自社の店舗やウェブサイトを訪れることにもなりますね。

このことも、エンゲージメントを評価する一つのポイントになります。



また、多くの人たちとのつながりを広めるために、

どのようなエンゲージメント活動をするかによって、

必要なコストが違ってきます。

このコストを、費用対効果とともにしっかりと分析したいものです。



いくらお客様とのつながりを強めても、

お客様が何らかのアクションを起こしてくれなければ、

会社のメリットはありません。

見込み客が顧客になるコンバージョンだけではなく

サイト訪問者がメルマガ読者になるなど、

ユーザーのさまざまなアクションに関連した

各種のコンバージョンも計測したいものです。



このような指標からエンゲージメントを考えるだけでも、

エンゲージメントを強める活動の奥深さがよくわかります。

不景気な時も、競争が厳しい時も、

お客様とのつながりを強化する活動を、

優先的に考えていかなければなりません。



今回ご紹介したような海外の活動も参考にして、

今後のエンゲージメントの活動を私たちと一緒に考えてみませんか?

お問合せは、こちらから行なうことができます





関連記事

pedagogy-194931_640

サイトリニューアルを社員教育に生かして業績アップ

スタッフのマーケティングノウハウを高めるには マーケティング担当者のスキルアップ。

記事を読む

sign-34670_640

話題!マーケティングオートメーションの構築で重要なポイント

マーケティングオートメーションの実践法 企業間取引をしている会社には、

記事を読む

budget-logo

企業向けの商品・サービスを販売している会社の予算割当て

B to B企業のマーケティング予算 企業向けの商品・サービスを販売している会社が

記事を読む

woman-169286_640

やはりオムニチャネル戦略の立案が緊急課題

オムニチャネル戦略プランニング 2014年2月25日に発売される 「月刊ネッ

記事を読む

exchange-of-information-231629_640

特集!ネットユーザーが購入や登録などの行動を起こす販売心理学

ネットビジネスに販売心理学を生かす ネットユーザーに商品を買ってもらったり、

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑