*

SEOでは広範な関連キーワードを意識したページ作成が第一ステップ

公開日: : 最終更新日:2014/07/06 SEO(検索エンジン最適化)

CSS85_keywosousasruop20131019500

SEOではキーワード選定が重要

検索エンジンを利用する

ネットユーザーの立場だと

自分が使った検索キーワードに

関連性が高いウェブサイトが

すぐに見つかることが理想ですね。



このユーザーの思いを反映して、

検索エンジンのシステムは、

関連性の判定」と

関連ドキュメントの検索順位付け

という2つの処理を実行していることが

以下の記事で詳しく解説されています。



検索エンジンがキーワードとページの“関連性”を算出する方法と、検索順位との関係



かなり技術的なことが書かれていて

分かりにくい部分もありますが、

インターネットをビジネスに利用して、

見込み客を集め、

売上を増やしたいという目的であれば、

検索エンジンが以下の2つの処理を

行なっていることを念頭に置いた

検索エンジン最適化(SEO)作業を行なうと良いでしょう。



1.関連性の処理

2.ランキングの処理


関連性の処理では、

ウェブページの以下のような要素から

ネットユーザーが使った

検索キーワードとウェブページの

関連性を判断しています。


  • title要素
  • meta descriptionタグ
  • 被リンクのアンカーテキストなど

自社サイトに来て欲しい

ネットユーザーが

どのような検索キーワードを使うかを検討し、

メインキーワードや

そのキーワードに関連性が高い言葉を

ウェブサイトのコンテンツ作成に生かし、

検索エンジンに関連性が高いと

評価されやすいウェブページを

増やしていくことが望まれます。

この記事には書かれていませんが、

ランキングの処理では、

  • キーワードの出現頻度
  • タグ毎の重み付け
  • キーワードの出現位置
  • キーワードの近接度
  • リンクポピュラリティなど

が重視されます。



広告費を使わなくとても良いSEO。

顧客獲得費を下げるためにも

SEOに強いサイト作りが求められます。





関連記事

search-engine-76519_640

最近のGoogle検索の順位変動を調査してみると・・・

検索エンジン最適化(SEO)と順位変動 検索エンジン経由で見込み客を集客する。

記事を読む

search-engine-76519_640

2013年のSEO業界の10大ニュースを振り返る時期になりました

2013年にSEO業界に影響があった10大ニュース SEOとは、Search Engi

記事を読む

globe-158146_640

調査結果!3つの情報機器別の検索キーワード上位比較

パソコン・スマホ・タブレット別の検索キーワード スマートフォン・パソコン・タブ

記事を読む

symbol-30390_640

特集!セールスファンネルとは、そしてその重要なビジネス要素

セールスファンネルとその重要なポイント 「セールスファンネル」という言葉を知っ

記事を読む

search-engine-411105_640

ニーズの高いローカル検索エンジン最適化(SEO)サービスとは

店舗経営者が必見のローカルSEO 店舗等の来店者数を増やすために、 検索エン

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑