*

調査!検索エンジンからの訪問者数が増える目安となる期間

公開日: : 最終更新日:2014/08/26 SEO(検索エンジン最適化)

search-276746_640

新規サイト公開後の検索エンジン経由の訪問者数

新しいサイトを立ち上げて、

サイトのページ数を増やしていけば、

検索エンジン経由のネットユーザーが徐々に増えていく



コンテンツマーケティングでは、

このような視点で、

資産になるサイトを育てていくことを薦めていますが、

いつになれば、ある程度の訪問者数になるのか?

この目安がなければ、

モチベーションが上がらず、

サイトを更新し続けることができない。

このように思う人も多いのではないでしょうか?



今回ご紹介する記事では、

他のサイトからのリンクもなく、

どのようなキーワードが月間検索頻度が多いのかを調べることもなく、

ニッチな分野のサイトを一から立ち上げて、

検索エンジン経由の1日の訪問者数が

100名以上になるまでのケーススタディを紹介しています。



Case Study: How Long Does It Take to See Organic Search Results?
 


この実験では、

検索エンジン経由の1日の訪問者数が100名以上になるまでに、

3ヶ月から4ヶ月かかったそうです

この情報はかなり貴重ですね。



新しいプロジェクトを始めたり、

起業したりということがきっかけとなり、

新規でドメインを取得し、

サイトのコンテンツを徐々に増やしていくというケースがありますが、

今回の実験の結果、

検索エンジン経由の1日の訪問者数を100名にするために

3ヶ月から4ヶ月はかかるということがわかっていれば、

この期間を目安に、更新を続けることができるはずです

検索頻度の多いキーワードを調べて、

コンテンツを増やすなどの工夫をすれば、

もっと短期間で、1日の訪問者数を

100名以上にすることもできるかもしれませんね。



結構、地道な活動ですが、

一度資産になるサイトが出来上がれば

検索エンジンのアルゴリズムの変更があっても

大きな影響を受けることが少なくなるはずなので、

資産になるサイト作りを常に心がけて、

ビジネス活動を行なうことをお薦めします。



なかなか毎日サイトを更新できないという人もいますが、

サイトの更新の仕方なども

アドバイスしますので、こちらからご相談くださいね





関連記事

sign-34670_640

SEOの戦術で一番重要視されていること

検索エンジン最適化で大切なこと・難しいこと 今回ご紹介する記事では、 検

記事を読む

top-95717_640

調査!検索エンジンの検索結果の順位決定要素とは

検索エンジン最適化(SEO)で知っておくべきこと ホームページを開設していれば

記事を読む

folders-25133_640

今後が期待できる音声検索の実態

音声検索をビジネス活動・売上アップに生かす 検索技術がどんどん進化し、 検索

記事を読む

stores-48847_640

店舗運営をしているのならローカルSEOは必須

お店や事務所の集客に欠かせないローカルSEO 街中でも、電車の中でも、

記事を読む

seo_145

成功事例解説:ケンコーコムが売上を倍増させるきっかけはSEOだった

ネットで業績を伸ばしている企業の成功要因とは 成功している企業を調査・分析することが、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑