*

検索エンジン広告がPC向けから携帯向けにシフト

公開日: : 最終更新日:2014/08/27 インターネット広告 ,

question-mark-68205_640

携帯ユーザー向けの検索エンジン広告市場が拡大

検索エンジンを利用していると、

検索結果にスポンサー広告が掲載されますが、

この検索エンジン広告の出稿額が、

PC向けから携帯向けにシフトしているという調査結果が発表されました。



Desktop Search to Decline $1.4 Billion as Google Users Shift to Mobile
 


検索結果に表示されるPC向けの広告額の増減率は、

2013年に▲0.8%となり、

2012年よりも広告の出稿額が減少しました。



一方、携帯向けの同広告の増減率は、

2013年に120.8%となり、

2012年よりも出稿額が急激に増えています。



この傾向は、2014年も同様で、

2013年の広告出稿額と比較した時に、

PC向けの広告出稿額は9.4%減、

携帯向けの広告出稿額は82.3%増になると予測されています。



検索エンジンの1日の利用時間を考えてみたときに、

以前は圧倒的にパソコンから利用する機会が多かったという人も、

最近ではスマートフォンから利用する機会が増え

パソコンから検索エンジンを利用する機会が減ったということを

実感している人が多いのではないでしょうか?

電車の中で携帯電話をいじっている人が多く、

移動時間に検索エンジンを使う機会が増えたという人も多いはずです。



検索エンジン広告は、

ターゲットとする人たちの目に触れる機会が多い方に、

自然とシフトしていきます。

2014年だけの傾向だけではなく、

今回の調査結果では、

2018年までにPC向けの検索エンジン広告はますます減少し、

携帯向けの検索エンジン広告はますます増加していくことになります

今までPC向けの検索連動型広告を上手く使って

利益を出すことができたという企業でも、

今後は携帯向けの広告を上手く活用していくことを

考えていかなければなりません。

携帯電話を使って、

検索エンジンを利用するユーザーは、

前述のように移動時間中だったりすることが多いので、

広告のアピールポイントを変更した方が良い場合もあります

ユーザー行動を意識した広告出稿法。

今後ますます複雑になっていきそうです。





関連記事

beautiful-19075_640

広告に人の顔が写っていると広告効果が高まる

広告効果を高めるテクニック 自社の商品やサービスを知ってもらうために、広告を出稿す

記事を読む

amazon-184064_640

Amazonが新たなクリック課金型キーワード広告を開始

Amazonが新たなPPC広告をリリース ネットユーザーがクリックした時だけ課金さ

記事を読む

smartphone-159323_640

注意!スマートフォン広告に対する許容度を知る

スマートフォン広告を利用する際の注意点 スマートフォンを利用するユーザーが増え

記事を読む

womens-449410_640

女性向けのリターゲティング広告が効果的

有効なネット広告:リターゲティング広告 さまざまなサイトを訪れた時に、 いつ

記事を読む

http-368146_640

モバイル広告をクリックしない理由とは

広告効果を高める!モバイル広告の実態 スマートフォンユーザーが、 外出先等で

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑