*

話題!クロスチャネルの魅力で売上アップ

公開日: : 最終更新日:2014/09/19 マーケティングについて

店舗経営とネットショップの相乗効果

最近の消費者のニーズは本当に多彩です。

この多彩なニーズにいかに対応できるか?

これが、これから売上を伸ばすことが

できるか否かにかかってきますが、

店舗経営も、ネット販売もしている場合、

クロスチャネルの魅力をお客様に提供できることが

自社の競争力もお客様の満足度も上げるきっかけになりそうです。



今回ご紹介する記事では、

お客様が望んでいるクロスチャネルのサービスに関連した

さまざまな調査結果が紹介されています。



Most online shoppers love stores, and here’s why
 


93%のお客様は、

ネットショップで購入した商品を、

店舗に返品できるオプションを望んでいます

78%のお客様は、

ネットショップで買った商品を、

最寄店で受け取りたいと考えています。

56%のお客様は、

店舗もしくはネットショップで、

納得できる価格で商品を提供してくれる小売店で

買い続けたいと考えています。



お客様がいくら望んでも、

ネットショップしか販売チャネルがなければ、

提携先を余程上手く見つけない限り、

店舗に商品を返品できる

オプションを付けることはできません。

ということは、

店舗もネットショップも運営しているという会社であれば、

これが強みになるので、

この強みを生かしたクロスチャネル戦略を作り上げないのは

本当にもったいないです。

返品オプションだけではなく、

ネットショップで買った商品を、

「店舗で受け取れると嬉しい」という

お客様もかなり多かったですね。

昼間は働いているので、

自宅で商品を受け取ることができない。

週末も遊びに行くことが多いので、

自宅にしか買った商品を送れないのは不便。

このように考えるお客様にとって、

ネットショップで買った商品を、

最寄店で受け取ることができるのは

本当に魅力的です。



最寄店に行けるのなら、

最初から最寄店で買えば

という声も聞こえてきそうですが、

お店では自分のサイズの在庫がなかったり、

ネットショップで買った方が安かったりということがありますね。

店舗受取ができる場合は、

ネットショップで買った時でも、

送料がかからないのが一般的なので、

買いたいと思った時に、

すぐにネットショップで買って、

受け取りたい最適なタイミングで、

店舗を訪れて、その商品を受け取る。

このように考えてみると、

お客様に嬉しいサービスであることが

本当によくわかります。



海外の小売店でも、

クロスチャネル戦略作り

本格化している会社が少なくありません。

これまで解説したように、

お客様ニーズが多彩になり、

充実したクロスチャネル戦略が、

お客様の期待にマッチして、

自社のファンになってくれる人たちを増やす

良いきっかけにもなるので、

店舗も、ネットショップも

運営している会社であれば、

クロスチャネル戦略を作らないのは、

販売の機会をみすみす逃しているようなものです

本当にもったいないです。



あなたも、私たちと一緒に、

クロスチャネル戦略を作ってみませんか?

海外のさまざまなノウハウもお教えします。

ご連絡はこちらからです





関連記事

taxes-226718_640

顧客生涯価値(LTV)を最高にするための15の方法

ライフタイムバリューが売上増の鍵 ビジネス活動をしていく上で、 顧客生涯

記事を読む

judge-300551_640

顧客に対する理解が深まるほど小売店の売上が増える

小売店・ネットショップの顧客の理解度と売上 消費者向けに商品を販売している小売

記事を読む

silhouettes-142329_640

特集!カスタマーライフタイムバリューの重要性と計算式

ライフタイムバリューを追求する ライフタイムバリュー(LTV:Lifetime Val

記事を読む

ball-563973_640

顧客を維持するための10種類の方法

既存顧客のリピート率を上げるには 新規のお客様数を増やすよりも、 既存の顧客

記事を読む

676bc7ff85f81761a939bf9163f541a5_s

特集!エントリーフォーム最適化を実現するための検討項目

エントリーフォーム最適化とは 資料請求にしても、 会員登録にしても、

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑