*

アドワーズ広告のフォーマット変更の影響は?

公開日: : 最終更新日:2014/09/18 PPC(検索連動型広告)

アドワーズ広告の変化に対応した広告出稿法

Googleで検索をした時に、

検索結果のレイアウトが変わったかな

と思うことがないでしょうか?



グーグルは、アドワーズ(AdWords)という

検索連動型広告を提供しています。

この検索連動型広告は、

Pay Per Clickの頭文字をとって、

PPC広告とも言われるのですが、

広告が何回表示されても、

それだけでは課金されることはありません。

ネットユーザーがクリックした時だけ

課金される成功報酬型の広告であるため、

費用対効果が高いと考えられています。



このアドワーズに関してですが、

最近表示形式が変更になりました

以前は、背景が肌色だったり、

スポンサー広告という文字が表示されたり

という形で、広告であることを、

ネットユーザーに示していましたが、

いまだにアドワーズ広告を、

広告と認識していないユーザーが多い

という調査結果が発表されました。



36% of people still don’t realise that Google Adwords are ads
 


グーグルは、広告か否かをわかりやすくすることに

かなり敏感だと思いますが、

自社の検索結果でも、

アドワーズの表示形式を変更して、

広告には、広告」という黄色の画像アイコンを表示し

オーガニックサーチといわれる、

通常の検索結果との違いを明確にしようとしています。



今回ご紹介した記事では、

36%のネットユーザーが、

アドワーズ広告を、広告とは認識せずに、

クリックしているというのです。

2012年に同様の調査を行なった時には、

40%のネットユーザーが

アドワーズ広告を、広告と認識していなかったそうなので

今回の表示形式の変更でも、

それほど大きな違いはありませんでした。



今回の調査結果では、

81%のネットユーザーは、

オーガニックサーチの検索結果よりも、

PPC広告をクリックしている

というデータも示されています。

ネットユーザーにとって、

検索結果に表示されたリンク先は、

広告であろうと、広告でなかろうと、

自分の関心が高い情報を

提供していそうなサイトであれば、

クリックしているということを示しています。



検索連動型広告の利用は

キーワードの選定

クリック課金額のコントロール

広告タイトル

広告紹介文

リンク先のURLなどの

さまざまなビジネス要素によって、

効果に差が生じます。

費用対効果が高いと評判の広告ですが、

自社にとって費用対効果を上げるには、

どのような工夫が必要かは、

個々のケースで違ってきます。



あなたの会社ではPPC広告を利用していますか?

これから利用したいと考えていますか?

今後の広告戦略を考える際に

PPC広告は、必ず必要になる検討事項なので、

この機会に、私たちと一緒に検討してみませんか?

お問合せはこちらです





関連記事

Infographics 003

ユーザーのマルチデバイス化を考慮したPPC広告運用法

複数の情報端末の利用者とPPC広告 前回のコラム「スマートフォンのネットショッピン

記事を読む

market-106984_640

特集!在庫表示を売上アップに活用するには

ネットショップの在庫表示を売上アップに活用 お客様がいくら買いたいと思っても、

記事を読む

market-147281_640

米国でGoogleの商品リスト広告(Product Listing Ads)のCTRが好調!

商品リスト広告のクリック率について 広告がいくら表示されても ネットユーザー

記事を読む

british-221326_640

イギリスでもPPC広告の利用企業が増加

国内外で検索連動型広告が注目される ネットユーザーがクリックした時だけ 課金

記事を読む

hand-146959_640

検索連動型広告のクリック率等の世界的な傾向

検索連動型広告のクリック率調査 自社サイトへの集客手段として、 活用している

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑