*

大調査!世代別のネット利用と店舗購入割合

公開日: : 最終更新日:2014/11/17 リアルビジネス関連の調査結果 ,

世代別の消費者の購買行動への理解を深める

世代によって、消費者の購買行動が違います

このことを良く理解しておかないと、

自社が提供する商品やサービスの売り方が

非効率になる時があるので注意が必要です。



アメリカでは、

1946年-1959年生まれのベビーブーマー

1960年-1974年生まれのジェネレーションX

2000年前後に成人したミレニアル世代

1946年以前に生まれたシニア世代のように、

世代を分類することがあります。



生まれた年代によって、

親の異なる購買行動を見て育っています。

10代・20代の時に好景気・不景気だったかによっても、

基本的な購買行動が違ってきます。



今回ご紹介する調査結果では、

商品を買う際に、

事前にインターネットでリサーチして

買うのはお店だったという購買行動を

世代別に調査して報告しています。

さまざまな商品ジャンル別に

世代別のインターネットとリアル店舗が

関係した購買行動がわかるので、

あなたの会社で販売している

商品ジャンルについて確認してみてください。



How Old-Fashioned Are Baby Boomer Shoppers?
 


ここでは、代表的な商品ジャンルの世代別の購買行動をご紹介しましょう。

購入前にインターネットで商品をリサーチし、購入は店舗で行なった消費者の割合



ミレニアル世代
ジェネレーションX
ベビーブーマー
シニア世代

これらの世代を順に(1)から(4)で表します。

・AV(音響・映像)機器

(1)(2)(3)(4)
58.0% 56.6% 46.0% 33.8%


・アパレル用品

(1)(2)(3)(4)
37.3% 30.5% 22.7% 18.2%


・「白モノ」家電

(1)(2)(3)(4)
29.4% 28.2% 22.2% 20.2%


・コスメ/ビューティ関連品

(1)(2)(3)(4)
21.7% 17.9% 10.7% 9.8%


・家具

(1)(2)(3)(4)
16.6% 14.2% 9.2% 6.9%


・スポーツ用品

(1)(2)(3)(4)
12.8% 14.0% 10.3% 6.8%



スポーツ用品以外は、

ここで挙げた商品ジャンルでは

すべての商品ジャンルで、

ミレニアル世代が

インターネットで商品をリサーチして、

店舗で商品を購入する割合が高いですね。

このことがわかっていれば、

自社で扱うどの商品が、

インターネットで購入前に

リサーチされる可能性が高く

その商品の関連キーワードで検索した時に

自社のサイトが検索結果の上位に表示されれば、

購入意欲が高いミレニアル世代を

自社サイトに誘導することができます。



さらに、店舗経営もしているのであれば、

自社サイトを訪れたミレニアル世代向けに、

店舗で使うことできるクーポンを配布し

店舗の来店率を高める仕組みを作ることで、

ネットと店舗を融合したビジネスの仕組みを作ることができます。



どの世代を対象にしたビジネスにフォーカスするのか?

どの検索キーワードで、見込み客を自社サイトに誘導するのか?

どのようにネットから店舗にお客様を誘導するのか?

店舗を訪れたお客様の購買率を上げるには、

どのような仕組みが必要になるのか?



このような購買行動のプロセスを意識した、

売れる仕組みを早く作りたいものですね。

このような流れの売れる仕組みを、

あなたも作ってみたいと思いませんか?

ぜひご相談くださいね。

「コンサルティングの始め方」はこちらです





関連記事

personal-365964_640

調査結果!経営幹部が考えるマーケティングの優先課題

新規顧客の獲得だけではない経営課題 あなたの会社では、 どのようなマーケティ

記事を読む

savings-box-161876_640

増税後の節約意識調査が発表されました

増税後の消費者行動とビジネスチャンス 消費税が8%になる前の駆け込み需要が、

記事を読む

human-189282_640

注意と対策!高齢者対応が不十分な広告が多い現実

高齢者を意識した広告の必要性 今後日本は、高齢者の比率が多くなることは、 さ

記事を読む

price-tag-374404_640

商品購入の決め手は価格・コストパフォーマンス・品質の見せ方次第

お客様の商品を買う時の優先順位 あなたが買い物をする時に、 商品を買うか否か

記事を読む

man-290186_640

会社の売上増に貢献する熱狂的なファンの特徴

自社のファンを育てるために特徴を知る 自社で販売している商品やサービスの 熱

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑