*

ソーシャルメディアでシェアされるには

公開日: : 最終更新日:2014/09/20 SNSマーケティング

ソーシャルメディア(SNS)で投稿効果を高める方法

ソーシャルメディアを活用して、会社の売上やファンを増やしたい



このように考えている場合、

TwitterFacebokに投稿したコンテンツが、

それらのSNSを利用しているネットユーザーに

シェアされる数が増えれば増えるほど

その投稿効果が高まることになります。



ただ、漠然とSNSに投稿するよりも、

もっとシェアされる可能性を高めることを意識して投稿する方が、

会社にとってのメリットが高まりますね。



今回ご紹介する記事では、

投稿する曜日によって

シェアされる状況が違ってくることを紹介しています。



Brand Blogs Get Highest ROI from Weekend Posts
 


企業が投稿する割合は、

月曜日から金曜日が高く、

平日の仕事時間中にソーシャルメディアに投稿している

企業が多いことがわかります。



■投稿された曜日

月曜日 17.2%

火曜日 18.0%

水曜日 18.0%

木曜日 17.9%

金曜日 15.9%

土曜日  6.3%

日曜日  6.8%



一方、ネットユーザーにシェアされた割合を曜日別に見てみると、

週末にシェアされる割合が高くなることがわかります。



■シェアされた曜日

月曜日 12.5%

火曜日 14.1%

水曜日 14.1%

木曜日 14.1%

金曜日 12.7%

土曜日 18.0%

日曜日 14.6%



SNSに投稿するコンテンツ作成の手間と時間は、

それぞれの投稿で大きくは違わないことが多いはずです。

ということは、自社が対象とするネットユーザーが

シェアしてくれる割合が高く、

口コミ効果をより期待できる曜日に投稿した方が良いでしょう。

たとえ週末が通常の就業日でないとしても、

投稿するコンテンツを平日に用意しておき、

それを週末に投稿するというのであれば、

それほど手間がかかることはないはずです。



今回は、曜日の違いによる

SNSのシェアの状況の違いをご紹介しましたが、

これは投稿する時間帯によってもシェアの状況が違ってきます

さらに、シェアされるか否かは、

コンテンツのタイトルの付け方や画像の有無などの

さまざまな要素によって違いが生じます。

このようなことも意識して、

ソーシャルメディアを効果的に活用する方法を

身に付けたいものですね。



ソーシャルメディアの効果をもっと高めたい

もしこのように思うのであれば、

一度ご相談くださいね





関連記事

social-367942_640

SNSによって利用目的が違うので企業も対策が必要

SNSの特徴に合わせた使い分けでビジネスを活性化 同じソーシャルメディアに分類

記事を読む

facebook-254165_640

話題!Facebookで多くのファンを集めた方法

売込みとは違うFacebook「いいね!」獲得法 障害のある子供を持つ母親が、

記事を読む

facebook-76536_640

国内の最新のFacebook登録状況調査

Facebookの現状とビジネス活用 Facebook等のソーシャルネットワーキン

記事を読む

twitter-117595_640

使い方!Twitterアナリティクスが一般公開されました

Twitterアナリティクスの使い方をマスター Twitterを利用する企業が増え

記事を読む

social-349554_640

調査!ソーシャルメディア経由のネットショップ訪問者割合が少なすぎる

ソーシャルメディアとネットショップの相乗効果 ソーシャルメディアとネットショッ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑