*

オムニチャネル戦略が功を奏している米国の実態

公開日: : 最終更新日:2014/07/17 マーケティングについて

b1fa284d9ad220a5a5676b312828de41_s

オムニチャネルとは

オムニチャネルとは

どのようなことを表しているかを知っているでしょうか?

消費者が、実店舗を利用するだけではなく、

パソコンでネットショップを利用する機会が増え、

さらに、タブレットPCやスマートションで、

携帯端末用のサイトにもアクセスするようになったため、

これらのオフラインとオンラインの販売チャネルや

流通チャネルを統合した環境を整えて、

どのような販売チャネルからでも

違和感なく商品を買うことができる環境を整えるのが

オムニチャネル化です。

消費者が、さまざまな情報端末を利用するようになり、

購買行動が変化しているので、

この変化についていくためのオムニチャネル化。

必要だと思ってはいるけれども二の足を踏んでいる。

このような会社が多いかもしれませんね。



今回ご紹介する記事では、

オムニチャネル戦略を立案し、

実行している米国企業の実態を報告しています。



Why an omnichannel strategy matters



オムニチャネルを、

しっかりと実現できるようになると、

まだ十分な対応ができていない企業とは、

明らかに異なる差が出てきます。

オムニチャネルが上手くいっている

上位20%の企業では、

そうではない残りの80%との企業と

さまざまな点で違いがあるため、

今回は、そのハイライトをご紹介しておきましょう。



まず、「顧客維持率」に関しては、

上位20%の企業では89%という

高い顧客維持率を達成しています。

一方、下位80%の企業では、

顧客維持率の平均が33%となり、

大きな差となっていることがわかります。



年間売上高」を、前年比で比べてみると、

上位20%では、9.5%の伸びを示している一方で、

下位80%の伸び率は、3.4%でした。

ここでも大きな違いがありますね。

さらに、「顧客維持費」においても、

上位20%では、

顧客維持費のコストが7.5%減少したにも関わらず

下位80%では0.2%の減少にとどまっています。



オムニチャネル化によって、

複数の販売チャネルで買いやすい環境が整っている企業では、

多くの顧客維持費をかけなくとも、

高い顧客維持率を実現できています。

この結果、オムニチャネルを上手く実現できていない企業よりも、売上がどんどん増えています。

企業にとってはとても嬉しい結果ですが、

販売チェネルの融合は決して楽ではありません。

お客様が、どのような時に

どのような情報端末を使って情報を得て、どのような行動をするのか?

自社のお客様層の特性を考えて

しっかりとオムニチャネル戦略を立案し、

来店促進

購買率向上

顧客のファン化」などを

きちんと実現するビジネス活動に結び付けていきたいものですね。

あなたの会社のオムニチャネル戦略の立案についてのご相談も受け付けています

ご一緒にワクワクするアイデアを出し合っていきましょう。

海外のオムニチャネルの事例もお教えします。





関連記事

surf-107863_640

特集!ドメイン管理を戦略的に考えるドメインマーケティング

ドメインマーケティングとは 企業活動をしていると、ホームページの運営管理も大切な業

記事を読む

mouse-84828_640

特集!カスタマージャーニーマップを使ってビジネス戦略やサイト制作に役立てる

カスタマージャーニーマップ活用法 マーケティングでは、 顧客を明確にしたビジ

記事を読む

fashion-155660_640

必須!自社にとっての理想の顧客像を作る

理想的なお客様像を具体化せずに売上増なし 自分の会社にとっての理想的なお客様。

記事を読む

social-371649_640

総務省調査:O2Oに関連した新たなビジネス活動

O2Oの市場規模とマーケティング オンラインとオフラインの販売チャネルを融合さ

記事を読む

district-291098_640

話題!顧客エンゲージメントの重要性と海外動向

顧客エンゲージメントとは 会社を繁栄させるために、 お客様との「つながり(エ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑