*

Yahoo!ショッピングの新たな取り組みとは

公開日: : 最終更新日:2014/08/22 ネット販売

buttons-24573_640

Yahoo!ショッピングをネット販売に生かす

Yahoo!ショッピングに無料で出店できる



これは、2013年に大きな話題になったニュースですが、

このYahoo!ショッピングの責任者の小澤氏の講演が記事になりました。



Yahoo!ショッピングが、

どれだけ本気かによって、

今後の国内のネット販売動向が大きく変化するので、

継続的にYahoo!ショッピングの動向はチェックしておきたいですね。



Yahoo!ショッピングの3つの改革



今までのヤフーは自分の利益しか考えていなかった

このような驚きの発言がありました。



Yahoo!ショッピングに出店している

会社の利益を考えるのではなく、

自社の利益を考えて、

Yahoo!ショッピングの出店料が作られていたのですね。

今回の改革の目玉になっている

Yahoo!ショッピングの出店料の無料化。

以前とどのような違いがあるかが示されています



■ 改革1 料金

以前は、法人でなければ、

Yahoo!ショッピングに出店することができませんでした。

料金は、月額料が25,000円、

ロイヤルティが1.7%から6%、

カード決済手数料が3.6%となっていました。

しかし、今回のYahoo!ショッピングの出店料無料化に伴い、

ロイヤルティもなくなり

カード決済手数料も3.24%に下がりました。

特に、法人でなくとも、

個人でも出店できるようになったのが大きいです。

ただし、出店数が増えるということは、

一店舗毎の訪問者数が減ってしまう危惧があります。

その心配を払拭するために、以下のような集客の改革も行なっています。



■ 改革2 集客

どのような新しい集客が始まるかですが、

Yahoo!知恵袋からYahoo!ショッピングへのリンクを掲載し、

Yahoo!内のネットユーザーの訪問ページ数を増やそうという取り組みが行なわれます。

Yahoo!は、訪問者数が多いさまざまなサービスを展開しているので、

それらのサービスの利用者が、

Yahoo!ショッピングも訪れるようになれば、

確かに集客増になりますね。



■ 改革3 機能

これまでご紹介したような新たな取り組みを

スピーディーに進めるために、

エンジニアの数を5倍にしたそうです。

今までになかった「クーポン発行機能」もリリースし、

さらにさまざまな機能を増やしていくようです。



多くのネットユーザーが利用しているネット通販サイトである

楽天市場、Amazonに加えて、Yahoo!ショッピングで

買物をする人たちが今後増えていくことは間違いなさそうですね

このような新たな動きを、自社の販売活動に生かして、

迅速に対応していかなければなりません。



ネットビジネスの環境はめまぐるしく変化するので、

大変だと思いますが、あなたの会社も同じように変化しながら

飛躍できる体制を早く作っていくことができると良いですね。



私たちもご協力しますので、新たなビジネスモデルをご一緒に検討してみませんか?

ネット販売のコンサルティングのご依頼はこちらから





関連記事

mathematics-149434_640

ネットショップのゲスト購入の有無と購買率

ネットショップの注文項目と購買率 ネットショップで、 ショッピングカートに商品を

記事を読む

shopping-cart-402756_640

納得!ネットショップのカテゴリーページの効果的な作り方

ネットショップを効果的な作り方を指南 ネットショップのトップページや商品紹介ページは、

記事を読む

shopping-cart-53798_640

ショッピングカート放棄者対策用メールの具体例

ショッピングカート放棄対策のためのメール対応法 ネットショップで、 ショッピング

記事を読む

shopping-cart-402758_640

ネットショップの在庫表示の上手さで売上アップ

ネット販売で在庫表示を工夫して購買率上げる 実は、在庫の表示方法が上手くなると、

記事を読む

video-303122_640

ショッピングカートの破棄率をビデオ(動画)で防ぐ

ショッピングカートの放棄率を動画で解決 ネットショップのショッピングカートの破棄率

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑