*

アメリカの消費者が考える2014年の景気予測

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 リアルビジネス関連の調査結果 ,

2f15c969356b1b4190ccc2711b2be6a6-businessman-working-on-the-currency-chart-line

アメリカの景気予測と消費者動向

アメリカのRetailMeNot社が

消費者を対象にした、

2014年の景気予測に関する調査を行ないました。



2014年は景気が良くなる」と

確信している消費者が10人中7人になり、

多くの人が、2014年には「収入がより増えるだろう」と感じています。



Retail Forecast for 2014



アメリカの景気動向は、

全世界に影響するので、

アメリカの消費者が、

2014年の景気を、

どのように実感しているかを知っておくことはとても大切です。

ネットショッピングに関しては、

「今まで以上にオンラインで買物をするでしょう」

と回答した人の割合が

87%になっているため、

2014年の電子商取引市場は、かなり期待できそうです

消費者マインドというのは、

購買に強い影響があるので、

消費者が買う気になっている時に、

適切な商品を、納得できる価格で紹介できれば、

購買率がグッと上がります。

2014年には、リアル店舗よりも、

ネットショップの商品点数を増やして欲しい

ネットショップからの配送料を無料にするために、

店舗で商品を受け取ることができるサービスを

2014年にはもっと拡充して欲しい。

パソコン・タブレットPC・スマートフォンなどの

複数の情報端末を使う機会が増えてきたため、

オンラインとオフラインを違和感なく行き来できる仕組みを作って欲しい

このような要望も出てきています。

商品を買う気になっていなければ、

このような要望は出てきませんね。

2014年は、これらの要望にも

しっかりと対応できるように、

今後のビジネス展開を考えていきたいものです。

なお、今回ご記事したレポートには、

以下のそれぞれの業界の消費者動向

関する記述もあるので、ご参考にしてください。


  • 衣料&靴
  • コンピュータ&エレクトロニクス
  • 出版(書籍)
  • 自動車部品
  • 旅行
  • ヘルス&ビューティー
  • 玩具





関連記事

statue-of-liberty-267948_640

アメリカの景気を米国の中小企業はどのように考えているのか?

米国の景気動向が日本の経済にも影響 日本の景気に大きな影響がある米国の景気。

記事を読む

heart-71227_640

話題!ロイヤルティプログラムの登録理由の調査

ロイヤルティプログラムで売上アップ 売上を継続的に伸ばすことを考えると、 リピー

記事を読む

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s

バブル世代のライフスタイルと購買動向の調査結果

バブル世代をターゲットにしたビジネスのために 1980年代は景気が好調で、

記事を読む

mercedes-324744_640

価格競争に巻き込まれないブランド力

低価格にならないためにブランド力アップ 自社のブランド力を高める。

記事を読む

Cargo-Trolley

消費者実態調査:宅配サービスを利用するきっかけ

お客様の購買行動分析 マーケティングでは、対象とするお客様の購買行動を分析する

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑