*

話題!メールを活用した営業活動を効率化させるオートメーション方法

公開日: : 最終更新日:2014/09/04 メールマーケティング ,

メールマーケティングを効率化するには

オンラインとオフラインのマーケティング活動を融合させる

マーケティングオートメーション」。

以前にもご紹介したことがありますが、覚えているでしょうか?



今回ご紹介する記事では、

特に法人や公的機関向けの営業活動をしている会社が、

どのようなタイプのメールを配信しているかを

調査した結果を紹介しています。

How marketers are using emails to help the sales force
 



  • 見込み客育成 64%
  • 見込み客の獲得 53%
  • 顧客活性化 42%
  • 顧客維持 41%
  • 購入後フォロー 39%

企業向けの営業活動が必要な会社にとって、

営業スタッフが見込み客を開拓するために、

電話営業したり、飛び込み営業したりしていると、

人件費はかなり高くなります。

もっと効率的な営業活動ができれば

余分な人件費をかけることなく、

売上に繋げることができるはずだと考えるのは当然の流れですね。



そこで海外で注目されているのが、

マーケティングオートメーション」ということになります。

見込み客の開拓や見込み客の育成は

インターネットのプロモーション活動や

メールの配信で行ない、その後、

自社の商品・サービスに関心が高い人に、

電話をかけて、打ち合わせの依頼をする。

この方が、コストも下がり、効率的な営業活動が出来ます。



以前にもご紹介した

見込み客を絞り込んで

商品販売やサービスの成約に至るプロセスのことを表している

「じょうご型」の「セールスファンネル」において、

第一段階の入口から高コストの営業スタッフが関わっていると、

決して効率的な営業活動になりませんね。

高コストの営業スタッフが関わるのが、

セールスファンネル」の後の段階になるほど、

コストを下げることができるので効率的です。

ただし、見込み客の購買意欲が

徐々に高まる「セールスファンネル」を

しっかりと設計できていなければ、

セールスファンネル」の後の段階にもってきた

営業スタッフが活躍することができません。



そこで、多くの企業では

見込み客育成」ということ意識して、

メールを配信するビジネス活動を重点的に行なっているのです。



どのようなコンテンツのメールにすると、

メールの開封率が高くなるのか、

クリック率が高くなるのか。

このような検討から始まり、

メールを配信した効果を検証しながら、

どのような段階で営業スタッフによる

電話営業に繋げるのか?

このような「セールスファンネル」の

入口から出口までをしっかりと設計して、

オンラインとオフラインの良さを最大化するために、

マーケティングオートメーション」使います。



あなたも、「マーケティングオートメーション」のために、

セールスファンネル」の設計をしてみませんか?

私たちもご協力しますので、お気軽にご相談くださいね



なお、メール活動の効果を最大化するために

どのメール配信サービスやツールを使うかは、

とても重要な検討事項です。







関連記事

icon-287145_640

話題!コンテンツの再利用でメール効果が倍増

メールの更新に悩んだ時の対策法 お客様に配信するメール。 どのよ

記事を読む

e-mail-69907_640

効果抜群!メールと組み合わせるマーケティングチャネル

メールマーケティングの効果を高める仕組み メールを利用して、マーケティング活動する

記事を読む

news-226931_640

年末商戦における米国のネットショップのメール配信状況

米国の年末商戦に見るメールマーケティング ネットビジネスで売上を増やすために

記事を読む

rose-66456_640

収益アップ!お客様との関係強化に役立てるメール活用法

お客様をファンにするメールを活用した秘策 自社のお客様との関係を強化することで

記事を読む

annual-report-61851_640

業界別のメール開封率とクリック率

メールマーケティングの効果測定指標 メールマーケティング活動をしていると、

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑