*

注意!ネットの間違った情報・古い情報がお客様を失う原因

公開日: : 最終更新日:2014/09/05 ネットビジネス関連の調査結果

あなたはお客様を失う原因をわかっていますか?

自分が経営していたり、勤めていたりする

飲食店や小売店の情報が、検索をした時に違っていた。



このような経験がないでしょうか?

検索エンジンは、インターネット上の

さまざまなウェブサイトから情報を収集しているため、

あなたの飲食店や小売店のホームページ以外から情報を得て、

検索結果に表示している場合があります。

この結果、現在とは違う古い情報や

間違った情報が検索結果に表示され、

ネットユーザーが戸惑う原因になることがあります



今回ご紹介する調査結果でも、

間違った情報が表示されていると、

そのブランドに対して信頼を失うと回答した人が73%もいました。



Consumer Attitudes to Local Search Reveal Problems and Opportunities for Brands
 


自社のホームページのアップデートが行なわれていないのが原因で、

現状とは違う情報が、

検索結果に表示されているというのは自社の責任ですが、

紹介している他のサイトの情報が現在と違う場合は、

訂正を依頼するばかりではなく、

本家本元のサイト情報が、

検索結果に常に最新のものが掲載されるように

配慮しておくことが必要です。



検索エンジンのGoogleは

お店のオーナー向けに、

Googleプレイス」という無料のサービスを提供しているのですが、

ご存知ですか?

この「Googleプレイス」に登録しておくと、

GoogleおよびGoogleマップの検索結果画面に

最新の情報が表示されるようになるので、

まずは、この登録から行なうことをお薦めします。



先の調査では、

不正確な情報で戸惑ったユーザーの61%は

競合する他の飲食店や小売店を利用すると回答しているので、

競合店にお客様を奪われないために、

自社が検索結果でどのように表示されているかを時々確認し、

問題があるようであれば、

前述のような方法で対策することをお薦めします。



オンラインの情報がきっかけになり、

飲食店や小売店を訪れるというケースが増えているので、

オンラインとオフラインの相乗効果を考えた

ビジネスプランを考えていくことはとても大切です。



私たちはこのようなオンラインとオフラインの

プランニングもサポートしているので、

一度ご相談ください





関連記事

best-seller-158885_640

特集!物販ジャンルの通信販売市場の実態と今後

通信販売市場の規模と今後 インターネット通販は、 すでに多くの会社にとっても

記事を読む

iphone-410316_640

発表!ネット販売では益々モバイルECが躍進

モバイル向けネットショップの利用者増 ネット販売における、 携帯電話を利用し

記事を読む

657e9cb0ca6dd6d577d743e1472eeefb_s

調査結果!ネット販売では限られた小売店が選ばれやすい

消費者に選ばれるネットショップになる 今回ご紹介する調査結果は、 アメリカだ

記事を読む

agree-159309_640

何に基づいてネットビジネスを改善すれば良いのか?

ネットビジネスの業績を改善する方法 インターネットでプロモーション活動を行なった場

記事を読む

google-76517_640

今の検索エンジン会社が考えている方向性とは

検索エンジン動向がビジネスを伸ばす鍵 検索エンジン会社などで働いている人たちの

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑