*

プライバシーとパーソナライゼーションの兼ね合いは難しい

公開日: : 最終更新日:2014/11/27 マーケティングについて ,

パーソナライゼーションを実施する注意点

個々のお客様が快適だと感じる

ネットショッピングを実現するために、

ネットユーザーのサイト内行動や

購買履歴のデータに基づいた

パーソナライゼーションを実施した販売促進活動を行なう



これは、インターネットマーケティングに

関わっている人であれば、

当然考えるべきことなのですが、

ネットユーザー側の視点で考えてみると、

このパーソナライゼーションは、

プライバシーの問題と大きく関わってきます。

ただ、ネットショッピングの黎明期の頃とは違い、

多くのネットユーザーが、

パーソナライゼーションによって、

より快適なネットショッピングが

出来るようになってきたことを実感しています。



ネットショップで閲覧した商品情報のデータや

購入履歴の情報から、

ネットショップにお薦め商品が掲載されたり、

閲覧している商品とよく一緒に買われている商品が

表示されたりということが、

ネットユーザーの快適なネットショッピングに

繋がっていることも確かです。



今回ご紹介する記事でも、

このプライバシーと

パーソナライゼーションに関することが話題になっています。



Spotlight on data privacy: three steps to building consumer trust
 


自分が好きなブランドのネットショップが、

自分の購買行動に関連したデータを使って、

お薦め商品などを掲載することに、

問題がないと感じている消費者は49%です

半数のネットユーザーが

自分の快適なネットショッピングに繋がるのであれば、

データを使われても問題ないと感じています。

ただし、自分が好きなブランドということなので、

他のサイトが同じことを行なったとしても、

「それは嫌だ」ということになるのでしょうね。



このように感じている消費者が多いということは、

信頼」と「価値」ということがポイントになります。

自分が信頼している会社・ネットショップであれば、

さまざまなデータを使って、

パーソナライゼーションしても良い。



パーソナライゼーションの実施によって、

自分のネットショッピングが快適になるのであれば、

それは価値があることだけれども、

自分のサイト内行動や購買履歴の情報が

自分にとって価値あることに使われなければ、

「パーソナライゼーションはして欲しくない」

ということになるはずです。



ここに、プライバシーと

パーソナライゼーションの兼ね合いの難しさがありますが、

どのような情報を使って、

どれだけお客様にメリットを提供できるか?

この点をしっかりとプランニングすることなく

容易にパーソナライゼーションを実施するのは、

お客様からのクレームの原因にもなるので注意が必要です。



自分の会社のネットショップを訪れた

ネットユーザーに対して、

どれだけメリットを提供できるかは、

自社が対象とするお客様像を明確にし

その人たちが、

どのようなニーズを持っているかを

把握することと密接に関係しています。

この把握なしに、

適切なパーソナライゼーションを

実施することは難しいでしょう。



お客様に喜んでいただける

ネットショップ体験のために、

どのようなパーソナライゼーションを実施するのか?

私たちと一緒に検討してみませんか?

個々のお客様のニーズにマッチした

情報提供が上手くなればなるほど

売上が増えていくことは確かです。



この機会に、

どのようなステップで、

パーソナライゼーションを進めていくのかを

ご一緒に検討していきましょう。

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

at-64056_640

パーソナライゼーションに必須のツール

パーソナライゼーションの良し悪しは使用ツールで決まる 海外の優良なネットショッ

記事を読む

checklist-152131_640

調査結果!2014年に優先的に取り組みたいネットビジネス活動

ネットビジネスの最優先課題とは あなたは、2014年に優先的に取り組みたいネッ

記事を読む

surf-107863_640

特集!ドメイン管理を戦略的に考えるドメインマーケティング

ドメインマーケティングとは 企業活動をしていると、ホームページの運営管理も大切な業

記事を読む

silhouettes-142329_640

特集!カスタマーライフタイムバリューの重要性と計算式

ライフタイムバリューを追求する ライフタイムバリュー(LTV:Lifetime Val

記事を読む

beautiful-15728_640

返品ポリシーが購買に強く影響している

返品ポリシーとネットショップの売上の関係 商品を買ってもらうために、 ネ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑