*

SNSを使ったコンテストキャンペーンの成功事例

公開日: : 最終更新日:2014/08/31 SNSマーケティング ,

award-155595_640

SNSをキャンペーンに使ってフォロワー獲得

今回は、前回ご紹介した写真共有アプリのInstagramも使って、

Facebookのリーチを3倍以上にした

コンテストキャンペーンの具体的な方法をご紹介しましょう。



Social Media Marketing: How a sporting goods company increased Facebook reach 366%
 


このページから、このプレゼンテーションに使用した

PDFの資料も閲覧することができるので、一緒に参考にしてみてください。



スポーツ用品会社のAmer Sports社が、

新製品のGPS腕時計のリリースにあわせて、

フォトコンテストを実施しました。

この新製品の認知度を高めて、

売上を増やす目的はもちろんですが、

SNSでフォロワーを増やすということも

今回のキャンペーンの目的になっています。



今回のコンテストは、

写真を投稿してもらうフォトコンテストなので、

写真共有アプリのInstagramも使った、

Facebookと連携させたキャンペーンになっています。



#SuuntoAmbitionsというハッシュタグを使って、

同社のFacebookのフォトコンテストに参加してもらい

毎週1人の当選者に今回の新製品の時計をプレゼントし、

最終的には1人の最優秀者に2500ドル相当のスポーツ用品を

プレゼントするというキャンペーンです。



PDFの資料で確認すると、

どのようなタイムフレームで、

どのようなタイミングで、

コンテストを実施したかがわかります。



SNSでは、画像を使った方が、

ユーザーのレスポンス率がアップするので、

今回のようにフォトコンテストを行なうというのは良い企画です。

画像投稿を促進するために、

最近利用者がどんどん増えているInstagramを使い、

コンテスト専用のハッシュタグを使って

情報の拡散を狙ったことも良かったのでしょう。



最近は、SNSを使ったキャンペーンが本当に増えました。

ちょっと調べただけでも、以下のような企業が、SNSキャンペーンを行なっています。



  • KIRIN
  • バーガーキング
  • ハイネケン
  • dinos家具
  • KDDI
  • 日本クラフトフーズ
  • オールアバウトエンファクトリー


SNSで行なうキャンペーン事例を調べて、

自社でも話題性のあるキャンペーンを企画できないかを検討する。

SNSを使ったキャンペーンを実施しやすい

環境がどんどん整ってきているので、

積極的に企画していくことをお薦めします。

大企業のように多くの予算をかけなくとも、

中小企業でも話題性のある

企画を考えることができるはずです。

SNSで口コミが拡散すれば、

自社のフォロワーを急速に増やすことが可能です



今回ご紹介したフォトコンテストなども参考に、

SNSユーザーが好むキャンペーン案を考えたいものですね。

私たちもご協力しますので、

あなたの会社でもSNSキャンペーンを検討してみませんか?

お問合せはこちらからです





関連記事

facebook-388078_640

Facebookのペナルティと各社の投稿事例

Facebookでクリックを誘う投稿には注意 他社のサービスを利用していると、

記事を読む

facebook-254165_640

話題!Facebookで多くのファンを集めた方法

売込みとは違うFacebook「いいね!」獲得法 障害のある子供を持つ母親が、

記事を読む

social-349554_640

調査!ソーシャルメディア経由のネットショップ訪問者割合が少なすぎる

ソーシャルメディアとネットショップの相乗効果 ソーシャルメディアとネットショッ

記事を読む

Social_025

特集!SNSの進展でリアルタイムマーケティング事例が注目

リアルタイムマーケティングとSNSの相性 TwitterをはじめとしたSNSは、

記事を読む

4c07631cc1f771b849d7bf57ff53c176_s

発見!ソーシャルメディアとネットショッピングは必ずしも融合していない

ソーシャルメディアとネットショッピングの関係 ソーシャルコマースという言葉も生まれ

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑