*

レスポンシブデザインだと携帯ユーザーのメール開封後のクリック率アップ

公開日: : 最終更新日:2014/09/25 携帯マーケティング

携帯ユーザー向けのメールではレスポンシブデザインが必須

メールを開封したユーザーの52%が、

携帯ユーザーだったという調査結果が発表されました。



遂に、50%を超えましたね。



Responsive Emails Seeing Higher Mobile CTO Rates, But Few Marketers Actively Use Them



 

これは、アメリカの調査結果ですが、日本でも同じような状況でしょう。

メールを配信した読者の多くが、

スマートフォンタブレットPCなどの

携帯端末でメールを読むようになっているので、

それらの携帯端末でも、

問題なくメールが読めるように配慮することが必要です



今回の調査では、

携帯ユーザーにも配慮して

htmlメールをレスポンシブデザインに

対応させたか否かによって、

携帯ユーザーのクリック率が違っていた

ということも報告されています。



非レスポンシブデザインの場合は、

メールを開封した携帯ユーザーのクリック率は9.8%でした。



一方、レスポンシブデザインの場合は、

メールを開封した携帯ユーザーのクリック率は11.9%でした。



決して大きな違いではありませんが、

ユーザーが利用している情報機器に合わせて、

最適化したデザインのページを表示することは、

ユーザーのことを思いやる大切な視点だと思います。



どのような情報機器で、

メールを受け取る場合でも、

レイアウトが崩れることなく、

読みやすいというのは、

今後の開封率やクリック率を上げるために、

とても大切な配慮です。



今後ますますメールを、

携帯端末で読むユーザーが増えることが予測されています。

今は、メールを配信する時に、

常にレスポンシブデザイン対応という

会社はわずかに1%でした。

半数以上のメールが

レスポンシブデザイン対応という会社は24%、

半数以下のメールが、

レスポンシブデザイン対応という会社は44%、

レスポンシブデザインには

対応していないという会社は31%となっています。



自社のメール読者の満足度を高めるために、

競合他社よりも早く、レスポンシブデザイン

対応していきたいものですね。





関連記事

london-123724_640

話題!携帯電話利用者向けの飲食店の携帯サイト構築法

スマートフォンに最適化した飲食店サイト スマートフォンなどの携帯電話を利用して

記事を読む

tablet-254581_640

タブレットPCを使った営業活動の実態

タブレットPCを営業活動に生かす 企業間取引をしている会社の営業担当者が、

記事を読む

8721732d6b2afd9115bef3f757283325_s

やはり新成人はLINE利用率が高かった!

新成人が使っているSNSの利用率 成人式が近くなり、 新成人を対象にした調査

記事を読む

symbol-95716_640

特集!モバイルコマースに関連した最新トレンド

モバイルコマースで売上アップを図る アクセス解析を行なっていると、 スマート

記事を読む

mark-516277_640

携帯電話対応ネットショップの注文プロセス分析

スマートフォン等用の注文プロセス スマートフォンなどの携帯電話を利用して、

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑