*

メールマーケティングを実施する際の時間配分

公開日: : 最終更新日:2014/09/26 メールマーケティング

メールマーケティング担当者の業務の効率化

どの会社にとっても、

メールの活用はビジネス活動に不可欠ですが、

メールマーケティングを実施するために、

どのように業務の時間配分を行なえば良いかは、

意外に悩むことかもしれませんね。



今回ご紹介する記事では、

海外のメールマーケティング担当者が、

どのように時間配分を行なっているかがわかります。



How should email marketers spend their time?



 

以下が、時間配分の詳細です。



  • コンテンツ作成 26%
  • キャンペーンマネジメント 21%
  • セグメンテーション 10%
  • メールリストメンテナンス 8%
  • マーケティングオートメーション 8%
  • テスト 8%
  • 戦略作り/予算管理 6%
  • モバイル対応 6%
  • 高度なセグメンテーション 5%


多くの会社では、

メールのコンテンツ作成に一番時間を使っていることがわかります。



一方、テストや戦略作りには、

あまり時間を使えていないこともわかりますね。



これらの数値は、平均値なのですが、

メールマーケティングで、

どのようなツールを使っているかで、

この時間配分の状況が違ってくるということです。

使いやすく、メール配信が速い

高機能なシステムを使っているケースでは、

キャンペーンマネジメント」や

セグメンテーション」に配分する

時間を少なくすることができるので、

テスト」や「戦略作り」の時間を

多くすることができるそうです。



業務時間の効率化は、とても重要ですね。



メールマーケティングで利用する

システムのスピードが遅かったり、

機能が不十分であったりすることが原因で、

スタッフの時間が多く必要になる。

これは、本当にもったいないですね



高機能でスピードが速いシステムを

利用することができるようになれば、

テストにも、戦略作りにも、

もっと時間を使うことができるようになる。

このことが、もっと売上増に直結するのであれば、

利用するシステムの変更を検討することも必要でしょうね。



メールマーケティングのシステムが影響して、

スタッフが残業になってしまう。

このような残業代のことなども考えると、

この機会に新しいシステムに

置き換えることも悪くないかもしれませんね。



自分たちだけでは、

今の業務内容が当たり前になって気づいていないけれども、

もっと改善することがいろいろとあるはずです。



この改善をした方が、売上をもっと効率的に増やすことができる

このような視点も必要ですね。



私たちがアドバイスをしますので、

ご一緒に業務の効率化も考えてみませんか?

まずは、こちらからご相談ください



また、以下もお薦めなので、ご確認くださいね。





関連記事

email-297633_640

指標!メールマーケティングの基本となる分析方法

メールマーケティングでは各種の分析が必須 メールマガジン等のさまざまなタイプの

記事を読む

icon-287145_640

話題!コンテンツの再利用でメール効果が倍増

メールの更新に悩んだ時の対策法 お客様に配信するメール。 どのよ

記事を読む

mail-34686_640

特集!反応がない読者のメールアドレスの整理法

メール読者のリストを整理する基準とは メールを何度配信しても、 開封もクリッ

記事を読む

e-mail-379797_640

各種のメールの自動化が新たな売上を生み出す

メールマーケティングを自動化する仕組み作り 前回、ショッピングカートの破棄を復活さ

記事を読む

rose-66456_640

収益アップ!お客様との関係強化に役立てるメール活用法

お客様をファンにするメールを活用した秘策 自社のお客様との関係を強化することで

記事を読む



blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑