マーケティングコンサルタントが読み解く儲けの仕組み

2500人以上のメールマガジン読者が読んでいるお金を稼ぐためのマーケティング&ネットビジネスノウハウ

アクセス解析

コンバージョン率の改善で注意すべき顧客ニーズ

投稿日:

顧客ニーズの把握で購買率・申込率アップ

商品を販売しているネットショップにしても

法人向けの営業活動をしていて、

資料請求を受け付けているサイトにしても

コンバージョン率(購買率・申込率)を上げるために

さまざまな改善をすることは

とても大切な経営課題になっていることでしょう。

コンバージョン率を改善するためには、

さまざまなテクニックがあるのですが、

そのさまざまなテクニックを駆使する前に、

顧客ニーズ」を考えることがお薦めです

コンバージョン率を上げるためには、

この「顧客ニーズ」が高い人を集める。

このことをよく検討した方が良いです。

コンバージョン率が上がるというさまざまな方法を試しても、

顧客ニーズが低い人がたくさん集まっているサイトでは、

なかなかコンバージョン率は上がりません。

そのため、顧客ニーズの高低を考えたプロモーション活動を、

しっかりとプラニングする必要があります。

たとえば、メールマーケティングで

キャンペーンを行なう際に、

すべてのメール読者に一斉メールを送るのと、

あるジャンルの商品の購買履歴がある人たちに

絞り込んでメールを送るのとでは、

顧客ニーズにかなり高低の差があるので、

コンバージョン率が大きく違ってくることが、

メールを配信する前からわかります。

検索エンジン最適化(SEO)においても

その商品を買うニーズが高い人を集める

検索キーワードで最適化したサイトと

その商品についてリサーチをしている人が使う

検索キーワードで最適化したサイトとでは、

検索エンジン経由で各ページに訪れた

ネットユーザーのコンバージョン率が

明らかに違ってくるでしょう。

コンバージョン率を改善するためには

顧客ニーズが高い人たちといかに接点を作れるかが鍵です。

このことを常に意識している人であれば、

メールマーケティングやSEOなど

どのようなビジネス活動を行なっても、

結果を出しやすいはずです。

今後のマーケティング活動では、

常に「顧客ニーズ」の高い人を集めることを意識して

仕事をすることをお薦めします。

私たちは、この「顧客ニーズ」を十分に考えた

コンサルティングを行なっています。

あなたの会社のコンバージョン率を早く改善したいと思いませんか?

コンバージョン率が1%改善できるだけでも、

月間の売上高が随分と違うはずです。

どの位売上高が違ってくるでしょうか?

今、計算してみるのも良いかもしれませんね。

何十万円も売上高が違ってくるのであれば、

改善を先延ばしにすることが、

とてももったいないとわかるはずです。

コンサルティングの始め方はこちらです

-アクセス解析
-,

執筆者: