*

コンテンツマーケティングの質と量を表す効果測定指標

公開日: : 最終更新日:2014/11/12 コンテンツマーケティング ,

コンテンツマーケティングの実践で必要な指標

検索エンジンが、

ネットユーザーが役立つ独自性の高いコンテンツがある

サイトの評価を高めていることもあり、

コンテンツマーケティングにますます注目が集まっています。



このコンテンツマーケティングを実践するに当たり、

どのようなコンテンツでも良いから

ホームページやブログで更新すれば良いというわけではありません。

限られたスタッフの限られた時間を有効に活用して、

より効果が高いコンテンツの更新を続ける

このような基本方針がなければ、

会社にとってメリットが少ないということで、

コンテンツの更新が滞るようになってしまいます。



それでは、コンテンツマーケティングの成否を

どのように考えれば良いかがですが、

今回ご紹介する記事では、

コンテンツマーケティングの効果測定指標を、

「質」と「量」に分類してまとめています。



オウンドメディアの流入元、約8割が検索/コンテンツ型ネイティブ広告PV数の約4割、編集記事の平均読了率超【popIn調査】
 


コンテンツマーケティングの質に関連した効果測定指標


  • クリック率
  • 平均滞在時間
  • 平均読了率
  • 平均読了時間
  • 誘導率
  • コンバージョン率(購入・登録・ダウンロード等)


コンテンツマーケティングの量に関連した効果測定指標


  • インプレッション数
  • ページビュー数/ユニークユーザー数
  • ソーシャルシェア数
  • 誘導数
  • コンバージョン数(購入・登録・ダウンロード等)



これらの指標は、

アクセス解析ツールや

ソーシャルメディアの解析ツールを利用すると、

確認することができますが、

平均読了率」と「平均読了時間」は

今回の調査を行なった会社の独自指標です。

アクセス解析ツールで確認することができる

サイトの滞在時間は、

コンテンツ量(文字数)によって影響されます

しかし、文字数が多いウェブページだとしても、

読む価値が少ないとネットユーザーに判断されれば、

サイトの滞在時間が短くなります。

この分析の精度を上げるために、

「平均読了率」と「平均読了時間」という指標を作ったようです。

この会社のサービスを利用しなくとも、

「平均読了率」は、各コンテンツを読むのに、

通常であれば、どの位の時間が必要になるかを計測し、

その時間をベースに読了率の分布を作ることもある程度できそうです。



コンテンツマーケティングにおいても、

今回ご紹介したような指標をもとに、

効果が高いコンテンツと効果が低いコンテンツを分類し、

効果が高いコンテンツのウェブページの閲覧者数が増えるように、

人気コンテンツランキング」などの

コーナーを作るなどの工夫をしたいものです。



限られたスタッフ数・限られた時間で、

より効果が高いコンテンツマーケティングを

実践するには、どのようなプランニングや検証が必要になるのか?

あなたももっと知りたいと思いませんか?

コンサルティングの始め方はこちらです





関連記事

hotel-389256_640

予約率が高いホテルサイト構築法

ホテルサイトの予約の成約率を上げるには ホテル業界にとって、 ホームページを

記事を読む

silhouettes-81830_640

コンテンツマーケティングチームの組織化と実践

コンテンツマーケティングの意味と実践 ネットビジネスにおいて、 コンテンツが

記事を読む

tablet-314153_640

企業サイトをマルチスクリーン対応するためのガイドライン

スマートフォンでも快適な企業サイトの閲覧 企業サイトを訪れるネットユーザーの多

記事を読む

problem-449364_640

コンテンツマーケティングの40種類の分析指標

コンテンツマーケティングの実践法 コンテンツが、ネットビジネスでは重要。

記事を読む

c778c9458c4c88bb7376c3fb00fa7297_s

特集!マーケティングオートメーションの実践プロセス

マーケティングオートメーションとは 顧客を育成して、適切なタイミングで、 営

記事を読む



大好評!毎回【売れる仕組みを作るためのノウハウ】が満載

稼ぎ方の原理原則を読み解くネットビジネス最新動向

メールアドレス(必須)
お名前(ニックネーム可)
登録 解除

※YahooやGmailなどの無料メールアドレスや携帯電話のメールアドレスの場合、受信できないことがありますので、パソコンメールが受け取れるプロバイダーのメールアドレスがお薦めです。


blog-625833_640
B2CとB2Bのコンテンツマーケティング比較

コンテンツマーケティングの実態 メールマガジンの発行

success-600183_640
マーケティングオートメーションの良し悪し

マーケティングオートメーション構築の鍵 企業のマーケティ

mobile-phone-630320_640
40代・50代向けのスマートフォン活用ビジネス

年代別のスマートフォンビジネス スマートフォンを頻繁に利

lockers-575373_640
クリック&コレクトを利用するネットショップ事例

クリックアンドコレクトで売上アップ ネットショップで

person-110303_640
「顧客満足体験」がビジネスの鍵になる

顧客満足度の数値化 お客様が自社で提供する 商品を

→もっと見る

PAGE TOP ↑